• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

岡田准一「危うく映画『来る』が来ないー!ってなるところだった」

映画「来る」プレミア試写会 12月7日(金)公開の映画「来る」の公開直前!怖がり屋さん限定プレミア試写会が行われ、岡田准一、小松菜奈が登壇した。

 第22回日本ホラー小説大賞に輝いた澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を「告白」などの中島哲也監督が映画化した本作。“あれ”に狙われた人間の心の闇が描き出される。

 オカルトライター・野崎を演じた岡田は「今、中島(哲也)監督の作品に参加できたのはすごくラッキーだと思った」と喜びを語るいっぽうで、「撮影中でも公開に間に合うかという空気だったので、監督に聞いたら『知らないよ、そんなの』って。どうなるのかなって思いましたが、期限とかはしっかり守る監督さんなんだなって」と笑い、「危うく映画『来る』が来ないーーー!ってなるところでした」とコメントし、会場を笑わせた。

 さらに完成した本作を見て「見たら分かると思うんですが、いい意味でクレイジー。現場でも鬼才と言われる監督と仕事をして、面白い作品になりそうだなと思っていたんですが、完成したモノを見てもそのとおりのすごくいい作品になってます」と。

 キャバ嬢霊媒師・真琴を演じた小松も「めまぐるしくて強烈な映像を見たなという感じ。いい意味で変態なんじゃないかなって思いました」と話すと、岡田も「だよね。見た人が『これ作った人変態だな』って思うと思う。いい意味ですごいですし、普通じゃない」と印象を明かした。

 現場での様子を聞かれると、中島監督の映画「渇き。」に参加している小松は「『青春映画のやりすぎだ!そんな芝居はここでやらなくていい!』とか、たくさん怒られました」と暴露。岡田は2人の関係をうらやましく思ったようで「愛情があるんです。親と娘の関係みたいでいいなって。『どこで覚えてきたんだ、その芝居!』って言われてたよね」と笑った。

 そんな岡田も中島監督から「1回かんだら、『(アカデミー)賞とか獲ってんでしょ?かむのはどうなの?』ってディスられました(笑)」と明かした。

 本作にちなみ、最近あった怖い出来事を聞かれると、小松は「この作品の撮影中に金縛りにあいました。下から這い上がってきて、誰かが乗っかってきているような。ホラー作品とかは好きなんですけど、金縛りは初めてでしたね」と。

 ホラーが苦手な岡田だが「撮影で小松さんが役で使用する鏡が実際に使われている神聖な鏡らしくて。それを僕が投げなきゃいけなかったのは怖かった!だって、そんな大事な鏡を壊したらどうしようって。スタッフさんが横で毛布を持ってスタンバイしているけど、芝居しているからそこにちゃんと投げられるか分からないし、神聖な鏡持っているし…で、そのシーンはしびれました!」と明かした。

 最後に岡田が「ただのホラーだけではなく、人間の怖さや弱さなど、人間の多目的の部分を描いた深い映画になっています。ぜひ楽しんでみてください」とメッセージを送った。

映画「来る」
12月7日(金)公開

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える