• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

瑛太主演で藤沢周平のサスペンス時代劇『闇の歯車』実写化

『闇の歯車』 瑛太&橋爪功で藤沢周作原作の『闇の歯車』を実写化することが決定。スカパー!の時代劇専門チャンネルで2019年2月9日(土)に放送される。これに先駆け、1月19日(土)より全国5大都市を中心に期間限定上映も行われる。

 時代劇専門チャンネルでは「時代劇の灯を消すな」というスローガンの下、これまで18作品に及ぶ本格的な時代劇作品を放送。今回、開局20周年の節目を迎え、次の20年を見据えて、藤沢周平が犯罪という人間のダークサイドに切り込んだ傑作サスペンス時代小説「闇の歯車」を映像化する。瑛太が主演、その好敵手を橋爪功、監督は「鬼平犯科帳THE FINAL」「剣客商売(北大路欣也版)」「三屋清左衛門残日録」シリーズを手掛けた山下智彦が務める。

<出演者 コメント>
■瑛太
藤沢周平作品は、時代劇の中でも特別な世界観を感じます。その中で念願かない、大先輩である橋爪さんと対決することになるのがとても楽しみです。初日に橋爪さんと目と目が合う芝居だけで、武者震いを隠せませんでした。そして、時代劇に精通している山下監督の下で主演を務めることは、自分にとても大きな意味を持つことになるでしょう。監督は明るく面白いが、勢いがある。まさに「怪物」。初日の1カット目、威勢よすぎる掛け声「スターツ」を聞き、〝作品に命を懸けて向き合っている”ことを感じました。刺激を与えてくれる存在でありながら、温かい目でも見てくれる。そんな監督だからこそ、キャスト、スタッフは全力で監督についていく。そして現場全体に安心感が生まれるのでしょう。このスタッフ、キャストで作っていけば、台本を読んで想像した以上のものが生まれていくと確信してます。

■橋爪功
時代劇専門チャンネルのオリジナル時代劇に出演するのは、『鬼平外伝老盗流転』『吹く風は秋』に続いて3作目になりますが、こうして再び声をかけてもらえることがうれしく、楽しく演じさせていただいています。これからお年寄りの方々が増えていく中で、シニア世代が楽しめるエンターテインメントが必要だと感じています。今回の作品は「義理人情」ではなく「サスペンス」が主軸。たくさん悪党が出てきて、誰に注目したらいいのか分からないくらい、いろいろな視点からお楽しみいただけると思います。こうした新しい形の時代劇も味わっていただければうれしいです。

<あらすじ>
“逢魔が刻”それは、黄昏。人の顔は闇に溶け、静けさが街を支配する一瞬の時間。江戸時代、人々は、魑魅魍魎がうごめくと言われるその時刻を畏れをもって迎えた。初秋の頃、江戸・深川。闇の世界で日々の糧を得る佐之助は、行きつけの酒亭おかめで、謎の男・伊兵衛と出会う。「儲け話があるんですよ。一口、乗っちゃくれませんか」危険な匂いを感じ、席を蹴る佐之助。同じ頃、ふとしたきっかけでおくみという女と暮らすことに。彼女との未来にほのかな希望を抱く佐之助は、やがて伊兵衛の誘いに乗る。しかし、仲間となる男たちは、浪人、若旦那、白髪の老人―いつもおかめで顔を合わせながら、口をきいたこともない男たちだった。佐之助らはいずれも押し込みなどしたことがない素人四人。そして、伊兵衛。狙うのは、逢魔が刻、さる商家に眠る七百両。回りだす闇の歯車。それぞれを取り巻く女たちをも巻き込んで、彼らの人生の歯車は静かに狂い始める。

時代劇専門チャンネル開局20周年記念作品『闇の歯車』
時代劇専門チャンネル
2019年2月9日(土)放送(予定)

出演:瑛太、橋爪功ほか

原作:藤沢周平(講談社文庫/文春文庫)
監督:山下智彦
脚本:金子成人
音楽:遠藤浩二
企画・プロデュース:宮川朋之(時代劇専門チャンネル)
プロデューサー:秋永全徳(時代劇専門チャンネル)、清野正一郎(スカパー!)、目黒正之(東映)、井元隆佑(東映)
劇場配給・宣伝:東映ビデオ
制作:時代劇専門チャンネル/スカパー!/東映ほか

公式サイト:http://yaminohaguruma.jp/

©2019「闇の歯車」製作委員会
写真:江森康之

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える