• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

榮倉奈々が『僕キセ』第9話の見どころを語る「相河一輝ならではの答えの出し方が本当に素敵」

『僕らは奇跡でできている』『僕らは奇跡でできている』(フジテレビ系)で、高橋一生演じる一輝の通う歯科クリニックの院長・育実を演じる榮倉奈々が、12月4日(火)放送の第9話の見どころを語った。

“患者・医師”として出会い、徐々に距離を縮めてきた一輝と育実(榮倉)。第9話では、一輝に好意を寄せる女子大生・琴音(矢作穂香)の言葉をきっかけに、一輝は育実に対する自分の気持ちを考え始める。そして育実はこのことについて本人から相談を受け、急に一輝のことを意識してしまう。

 そんな一輝と育実の関係が描かれる第9話について、榮倉は「相河一輝ならではの答えの出し方が本当に素敵なので、楽しみにしていただきたいです」と。

 また、榮倉は本作については「主人公に感情移入することで、見ている方が一緒に変わっていくドラマが多い中、この物語は主人公の周りの人に感情移入していくようなドラマだと思います」と語る。

 さらに「“相河一輝と登場人物”という関係性が見えてくるのが面白いところでもありますし、人間関係において“ああしなきゃいけない”“こうしなきゃいけない”という概念で縛られて苦しい思いをしている人にとって、新しい風になると思います。見ている方がハッとさせられて、自分の人生を振り返られるような、そんなお話だと思うので、最後まで楽しんで見ていただけたらうれしいです」と見どころを語った。

 番組では、視聴者プレゼント企画を実施中。放送内容に関するクイズに正解すると、毎週抽選で10名に、一輝の相棒・カメのジョージがモチーフの番組特製ケーブルバイトが当たる。詳しくは番組ホームページ(https://www.ktv.jp/bokura/)で。

<第9話あらすじ>
山田(戸田恵子)との生活も日常に戻り、一輝(高橋一生)は水泳を始める。大学でも、鮫島(小林薫)に代講を任されたり、沼袋(児嶋一哉)と言葉を交わしたりするなど、少しずつ周囲との関係を深めていくが、樫野木(要潤)だけはそんな一輝を快く思っていない様子。離れて暮らす娘から元妻に恋人がいることを聞き、いつになく焦りを覚えていたのだ。
一方、進路相談という名目で一輝と2人きりになった琴音(矢作穂香)は、ついに「つきあってほしい」と告白。当然、一輝はその申し出を断るが、ムキになった琴音は、育実(榮倉奈々)のことが好きなのではないかと、一輝を問い詰める。思いもよらない琴音の問いかけに、うまく答えることができない一輝。そして、初めて育実に対する自分の気持ちを考えるものの、結局答えの出ない一輝は、育実に相談。すると育実は、急に一輝を意識し始めて…。
そんな中、部屋にヤモリが現れパニックになった育実は迷った末、一輝に助けを求めることに。部屋にやってきた一輝と二人きりになった育実は…? そして一輝もまた、ある答えにたどり着き、それを育実に伝えようと決意。
同じころ、一輝はひょんなことから樫野木の娘・香澄(矢崎由紗)と顔見知りに。フィールドワークの話を興味深く聞いていたことから、一輝はもっと話を聞かせたいと樫野木に声をかける。元妻の再婚話に動揺する樫野木は、自分が離婚する原因になったフィールドワークについて楽しそうに話す一輝を見て、いら立ちを隠せない。そしてついに感情が爆発し、一輝に強烈な一言を浴びせてしまい…。

『僕らは奇跡でできている』
カンテレ・フジテレビ系全国ネット
第9話 12月4日(火)後9・00~9・54

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える