• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

速水もこみち、米倉涼子と7年ぶりの共演「以前と変わらずすてきな方」

『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』 速水もこみちが、テレビ朝日系『リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~』((木)後9・00)の第8話(12月6日放送)と最終第9話(12月13日放送)に出演する。

 米倉涼子演じる主人公の元弁護士・小鳥遊翔子がワケありの弱小弁護士を集めて法律事務所を立ち上げ、どんなに不利な訴訟でも勝利を手にするため突き進む物語。最終章となる第8話と第9話では、翔子が弁護士資格を失うきっかけとなった“因縁の殺人事件”に焦点が当たる。

 同事件では、守屋至(寛一郎)がNPO法人「貧困を救う会」の幹部職員・市瀬徹(夙川アトム)を殺害。守屋は罪を認め、懲役9年の実刑判決を受けていた。しかし、翔子はその背景に“隠された何か”があると直感し、本格的に動きだす。

 この『リーガルV』最大の事件をめぐる“最後の裁判”に証人として出廷するのが、速水演じる「貧困を救う会」の代表・大峰聡。物語を意外な形で翻弄するキーパーソンだ。

 法廷シーンに挑んだ速水は「すごく緊張して、久々に震えました。自分でもビックリしましたね! 四方八方から、みんなに注目されてるので…」と吐露。「注目されるのは嫌いではないんですよ(笑)。ただ、法廷では張り詰めた視線が注がれるので、緊張しましたね。しばらく法廷はいいかな(笑)」と冗談めかしつつも、「そう思ってしまったほどの緊張感が、いい形で画面に映っていたらいいなって思いますね」とアピールした。

 米倉とは、2012年2月に放送された同局系『ナサケの女Special~国税局査察官~』以来、約7年ぶりの共演。「以前と変わらずすてきな方です。サッパリとしたお姉さんで、すごく優しいんですよね。僕は撮影現場ではあまりしゃべらないタイプなんですけど、米倉さんからよく話しかけてくださるんです」と信頼関係はバッチリで、「今回も料理の話も一緒にさせていただいたので、先日の現場で僕の料理本もプレゼントさせていただきました」と明かした。

<速水もこみち(大峰聡・役) コメント>
◆大峰は最終章のキーパーソンですが、どんなイメージで演じてらっしゃいますか?

 大峰はNPO法人の代表として子供たちと接しているときと、それ以外ではちょっと違う顔を持っているんです。さらに、翔子さんと会話しているときもまた違う雰囲気をまとっているんですけど、そういった違いを意識しつつ、現場でのやりとりも大事にしながら演じています。

◆法廷に立ってみて、いかがでしたか?

 すごく緊張して、久々に震えました。自分でもビックリしましたね!四方八方から、みんなに注目されてるので…。注目されるのは嫌いではないんですよ(笑)。ただ、法廷では張り詰めた視線が注がれるので、緊張しましたね。これまで『リーガルV』を視聴者として見ていたときも、法廷シーンの緊張感は感じ取っていたんですけど、それを今回肌で感じることができました。しばらく法廷はもういいかな(笑)。そう思ってしまったほどの緊張感が、いい形で画面に映っていたらいいなって思いますね。

◆法廷シーン以外では、『リーガルV』の現場はどんな雰囲気ですか?

 米倉さんをはじめ、よく知っている方々が多い現場なので安心感はありますね。その一方で、僕はこう見えて緊張しぃなところがあるので、途中参加という点でついかしこまる感覚もあるんですよ。ただ、皆さんが本当に楽しんで撮影してらっしゃるし、ドラマの中のような掛け合いが普段もある!その様子を見て、一体感を大事に作品に取り組まれている印象を持ちました。

◆米倉さんとは7年ぶりの共演ですよね。

 以前共演させていただいたときとは設定が全然違うので、お芝居をしている最中は新鮮味を感じましたね。米倉さん自身は、以前と変わらず素敵な方です。サッパリとしたお姉さんで、すごく優しいんですよね。僕は撮影現場ではあまりしゃべらないタイプなんですけど、米倉さんからよく話しかけてくださるんです。今回も料理の話も一緒にさせていただいたので、先日の現場で僕の料理本もプレゼントさせていただきました。作ってくださったかどうかは、まだ聞いていないので、分からないですけど(笑)。

◆『リーガルV』の「V」はヴィクトリーを意味しますが、速水さんは勝ち負けにこだわりますか?

 こだわりますね。負け続けるよりは勝ちたいですから。その一方で、時には相手へのマナーとして、敢えて負けることも大事なのかなって思います。ただ、身長の高さに関しては、なかなか負けないですね!その点では、この現場でも負けませんでした(笑)。

◆最後に、作品の見どころを含め、視聴者へのメッセージをお願いします。

 個性豊かな登場人物たちが人のために一生懸命汗をかいて、問題を解決しようとする“人間らしい姿”に、僕はとても魅力を感じているんです。最終章では、僕の法廷での緊張具合や(笑)、小日向文世さんと2人のシーンに漂う“人間ドラマが凝縮された緊迫感”にもぜひ注目していただきたいです。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える