• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

あの三軒家万智が負ける!?松田翔太が北川景子の最強ライバルに!『家売るオンナの逆襲』1月スタート

松田翔太 2016年夏に連続ドラマ、2017年にはスペシャルドラマが放送された北川景子主演のドラマ『家売るオンナ』のシリーズ最新作『家売るオンナの逆襲』が1月からスタートする。

 家を売って売って売りまくった伝説の不動産業者・三軒家万智の前に現れる最強の家売るオトコ・留守堂謙治役で松田翔太の出演が決定。北川と松田は2010年のドラマ『月の恋人~Moon Lovers~』以来、約8年ぶりの共演となる。

 松田が演じる留守堂は、万智の宿敵となるフリーランスの不動産業者。人間味あふれる方法で家を売っていく、こちらも天才不動産業者。仕事においてはパーフェクトだが、実は“ドジ”な一面を持っており、Tシャツを裏表に着ていたりするがそれもオシャレに見えてしまう「クールドジ男」だ。

 留守堂は万智の行く先々に現れ、客を横取りしたかと思えば、あるときには万智や庭野(工藤阿須加)の手助けをすることも。敵なのか、味方なのか分からないミステリアスな存在で万智との間にある“秘密”がある。

 そんな留守堂の登場で、万智と屋代(仲村トオル)の仲は大いに乱されていくことに。さらに、なんだかんだで万智が気になる庭野、留守堂の魅力に男女を超えた恋愛感情を抱く足立(千葉雄大)、足立や留守堂にいい顔をするが相手にされない白洲(イモトアヤコ)など、新キャラの登場によりおなじみのキャラクターたちの仕事や恋にも嵐の予感が漂い始める。

<松田翔太 コメント>
 プロデューサーの小田さんと、猪股監督にお会いしたときから既に、このチームの豊かな愛情に包まれたいなと感じました。セカンドシーズンからの参加ということで、多少の不安もあるかと思いましたが、北川さんからの歓迎のお言葉も相まって、とても素敵な気持ちでこのチームに参加できそうです。留守堂という役柄を楽しみに撮影開始を待ちたいと思います。『家売るオンナの逆襲』このタイトルがワクワクさせますね。よろしくお願いいたします。

<北川景子 コメント>
 万智のライバルの不動産さんを松田翔太さんが演じてくださることになりました!どこまでも美しく、オシャレで、ちょっとドジな留守堂謙治。松田さんでイメージしながら台本を読みましたが、美しく、ノーブルな松田さんがシリーズ続編に力を貸してくださりとても心強いです。これまで向かう所敵なしだった万智が今回のシリーズでは初めて負けを経験することになるのですが、負けても仕方ないと思える男です。台本のタイトル通り逆襲できるのか、注目していただきたいです。松田さんと共演させていただくのは8年ぶりです。お会いできるのが楽しみです。

 なお、2019年1月からのオンエアに先駆けて、日テレ公式YouTubeで「家売るオンナ」シリーズを10倍楽しめる「クセあり動画」を公開中。

第1弾:家にあるもので「GO」やってみた!
前作で話題となった北川景子が放つ「GO!」を家にあるもので簡単に再現できちゃうその撮影方法を公開。

第2弾:ちくわで「家売るオンナ」のテーマを吹いてみた!
番組テーマ曲「家売るオンナ」をちくわや蓮根、バナナなど8種の音で演奏。丸い穴さえあれば何でも楽器にしてしまう、ちくわ笛奏者の達人、その名も住宅正人(すみたく・まさと)さんが超シュールでクールなスゴ技を披露。

第3弾:「家売るオンナ」を踊ってみた!
テーマ曲「家売るオンナ」を今度は華麗でアグレッシブなコンテンポラリーダンスで表現!女性ダンサー龍美帆(りゅうみほ)さんの圧倒的な迫力と少しコミカルな動きで「家売るオンナ」を魅せる。
https://www.youtube.com/watch?v=nLXnlPlI_GE

『家売るオンナの逆襲』
日本テレビ系
2019年1月9日(水)後10・00スタート
※初回は10分拡大

脚本:大石静
演出:猪股隆一、久保田充ほか
チーププロデューサー:西憲彦
プロデューサー:小田玲奈、柳内久仁子

番組公式HP:https://www.ntv.co.jp/ieuru_gyakushu
番組公式Twitter:@ieuru2016

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える