• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

吉田鋼太郎の『おっさんずラブ』愛さく裂&稲垣吾郎も出演志願!?

「Penクリエイター・アワード2018」「Penクリエイター・アワード2018」に吉田鋼太郎、稲垣吾郎、松岡茉優らが選出され、授賞式に登壇した。

 雑誌「Pen」が今年活躍したクリエイターを選出するこの賞。『おっさんずラブ』(テレビ朝日系)で男女問わず人気を得たことを称えられた吉田は「田中圭君、林遣都君をはじめ、俳優陣と監督スタッフみんなで頂いた賞。もしできるなら、続編をやりたい。飲み屋では『またやりたいね』という話を3人(田中&林と)でしています」と続編に意欲を。

 また、同賞には同誌の春夏ファッション特集号で表紙を飾った稲垣吾郎も選出。安藤貴之編集長から、「我々のテーマが“新しい紳士たち=New gentleman”ということで(表紙を)提案させてもらった。我々が伝えたいと思っていた事を体現してくれていた」と評されると、稲垣は「こんな知的で夢のような賞を与えてくださって、感激しております。今まで女性誌とかでは(表紙を)やらせていただいたことがあったけど、男性のバイブルというか、ライフスタイルを提案する雑誌の表紙を飾らせていただくのはすごくうれしかった。これからは男性からも支持していただけるように頑張りたいです」と笑顔を見せた。

 さらに“新しい地図”が発足1周年を迎えた今年を振り返り、「今年一年は注目してくださって、皆さんがひいき目に見てくださったこともあったと思うんですが、来年は本当にやっていることが評価される年だと思う。これからもPenに出してください!」とアピールした。

 続いて式は受賞者全員でのトークセッションへ。吉田、稲垣、松岡の俳優陣には、この日発表された「2018ユーキャン新語・流行語大賞」にちなみ、“今年自身の中で流行した言葉は?”との質問が。『おっさんずラブ』が惜しくも流行語大賞受賞を逃したことを「残念極まりないですね」とした吉田は、自身の中の流行語も「『おっさんずラブ』です」と愛全開で宣言。それを受けた稲垣も「(流行語は)『おっさんずラブ』かなぁ」とかぶせ、さらに「出させていただけるんですか?(笑)」と吉田に出演を願い出るなど、絶妙なやりとりで会場の笑いを誘った。

 「Pen クリエイター・アワード」は、吉田、稲垣、松岡のほか、チームラボ(ウルトラテクノロジスト集団/代表・猪子寿之)、名和晃平(彫刻家)、石上純也(建築家)が受賞。『Pen』12/15号(発売中)には受賞者のインタビューが掲載されている。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える