• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

稲葉友が民放ドラマ初主演!テレ朝『平成ばしる』で松居大悟とタッグ

『平成ばしる』 稲葉友が、テレビ朝日の年の瀬ドラマ『平成ばしる』(12月28日(金)深0・20)に主演する。

 東京・六本木ヒルズに集まる「テレビ朝日」「J-WAVE」「AbemaTV」という実在の3局を舞台にしたパニックコメディ。2018年の大みそか、異なるメディアの人々が“年越しそば”を発端に大混乱に陥ってしまう様を描く。脚本・監督は、映画「アフロ田中」などを手掛けた注目の若手クリエーター・松居大悟が務める。

 稲葉は、テレビ朝日のAP・猫宮唯役。脚本を読んで「バラバラに起こっていた事柄が最後にはきちんと収束され、心もキュッとつかまれる。ハートフルですてきな物語ですし、『テレビ朝日』『J-WAVE』『AbemaTV』というメディアの垣根をここまでグルッと越えるなんて、“一体どんな効果が生まれるんだろう…!”とも感じました」と惚れ込んだ様子。

 松居とは二度目のタッグで、その印象を「人たらし」と分析。「“松居さんのためなら”って人が周りにどんどん集まってくるタイプというか。だからこそ今回のような発想の物語が生まれるんだろうなと思います。とても魅力的な方ですね。褒めるとすぐに“うるせえ”って言いますけど(笑)」と信頼感をにじませた。

『仮面ライダードライブ』などで注目を集めた稲葉だが、民放ドラマの主演は今回が初めて。「主演という肩書きにとてもプレッシャーを感じやすいタイプではありますが、平成最後のエネルギー全部使い果たすつもりで臨ませていただきます」と熱演を誓い、「年末にピッタリなドタバタでハートウォーミングな作品になると思うので、皆様ぜひ完成をお楽しみしていてください」とアピールしている。

 ヒロインのラジオ制作会社AD・江國彩香役は阿部純子。ほかに本仮屋ユイカ、松重豊が共演。山崎弘也、フットボールアワー、新井恵理那、千原ジュニアらも本人役で登場する。

<稲葉友(猫宮唯・役) コメント>
 人と人がかかわることでいろいろな問題が起きてしまうということを本当に丁寧に描いていて、とても松居さんらしい脚本だなと思いました。バラバラに起こっていた事柄が最後にはきちんと収束され、心もキュッとつかまれる。ハートフルですてきな物語ですし、『テレビ朝日』『J-WAVE』『AbemaTV』というメディアの垣根をここまでグルッと越えるなんて、「一体どんな効果が生まれるんだろう…!」とも感じました。

松居さんとは一度お仕事させていただいているのですが、印象は『人たらし』です。「松居さんのためなら」って人が周りにどんどん集まってくるタイプというか。だからこそ今回のような発想の物語が生まれるんだろうなと思います。とても魅力的な方ですね。褒めるとすぐに「うるせえ」って言いますけど(笑)。

 ずっともう一度やりたいと思っていた松居組、しかも演劇でお世話になっている方や普段からよく舞台などで見させていただいている方々がたくさんいらっしゃる中で主演をさせていただけるのは、すごくうれしいです。主演という肩書きにとてもプレッシャーを感じやすいタイプではありますが、平成最後のエネルギー全部使い果たすつもりで臨ませていただきます。

 年末にピッタリなドタバタでハートウォーミングな作品になると思うので、皆様ぜひ完成をお楽しみにしていてください。

<阿部純子(江國彩香・役)コメント>
 テレビ局とラジオ局とインターネット配信局の3大エンタメが一つのドラマの舞台となる、これまでに聞いたことも見たこともないような明るい企画だなと思いました。松居監督とは今回が2度目のお仕事です。毎回「まさか」と思うような面白い発想を持ってきてくださる方で、演じる側としても瞬発力や柔軟性が問われると同時に、とても刺激を受けています。

 私が演じる彩香はラジオ番組のADで、ちょっとだけ天然な女性。でもやりたいことや「これが面白い」という自分の企画をしっかりと持っている子です。私自身ラジオが好きですごく聴いていて、「舞台裏にいらっしゃるスタッフさんは、どんな方々なんだろう?」と思っていた矢先のこの役だったので、うれしかったです。実在する番組と関われるのも、すごく楽しみです。

 このドラマはタイトル通り、『平成』という年号の最後の年末を、勢いよく走り抜けるような作品。見てくださる方が本当に明るい気持ちで新年を迎えられる作品になるのではないかと思います。私も頑張ってたくさん走ります!

<松居大悟監督コメント>
 テレビ朝日の飯田さんは自分が劇団ゴジゲンを旗揚げた10年前から見てくれていて、何か企画を、とずっと話していました。ようやく実現できることがうれしいです。

 もはやボーダーレスになっている放送局そのものを表現として描くことはできないか?と、自分のJ-WAVEラジオ番組が始まったことをキッカケに考えてきました。

 六本木には、テレビ朝日・J-WAVE・AbemaTVがあります。テレビ局、ラジオ局、ネット局の境界を越えて、平成最後の年を笑顔で越えられるようなコメディを描けたらなと思います。言い尽くされて出涸らしになってしまった”平成最後”という言葉に引導を渡せたらと。出演者も、自分にとって何度もご一緒し損ねた、稲葉友と阿部純子という平成生まれのお二人を中心に、大切な方々に集まっていただきました。そしてなにより、これは各局の尽力と多大なるご理解があって実現したもので、あらためて御礼申し上げます。

 ごちゃごちゃ言ってしまいましたが、今まで見たことのない楽しいドラマになると思います。六本木放送局たちのご乱心をお楽しみください!

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える