• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

阪神・淡路大震災からの復旧を描くドラマ『BRIDGE』に新たに桂文枝、ユースケ・サンタマリアの出演が発表

BRIDGE

 来年1月15日(火)放送の『カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995 1.17神戸』に桂文枝、ユースケ・サンタマリアが新たに出演することが発表された。

 カンテレと縁深い文枝が演じるのは、阪神・淡路大震災の19年前にJR六甲道駅を作った江戸川正央(えどがわ・まさなか)。その丁寧かつ確実な仕事で六甲道駅高架橋も頑強に作られていたが、震災によって六甲道駅は無惨な姿に。変わり果てた駅を前に、後輩の高倉(井浦新)から復旧工事について相談を受けるが、「年寄りが口を出すのは無作法や」と背を向けて去ってしまうという役どころ。

「自分の創った落語が人の手に渡り、演じられる時の複雑な気持ちと通じるところがある」と例えた文枝は、江戸川を演じたことについて、「(自分と)同じ年の役を演じるというところで、あまり気負うことのないよう、肩に力が入らないように、役になりきりやらせていただきました」と語った。

 ユースケが演じるのは、JR東日本の技術者・玄能美能留(げんのう・みのる)。鉄道工事技術界の最高峰に位置する役どころの玄能を演じたユースケは、「世界で、日本で、大変な災害が起こってきて、その裏でものすごい数の人が大変な作業をして道や建物を直している。そのことを知らない人もいっぱいいるし、そういう人に対するリスペクトを持たなくては。大事な役でシーンが多くない分、いつも以上の、目に見えない何かを出したいと思ってやりました」と力を込めた。

 1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災後の実話を基に描く、井浦新主演のドラマ『BRIDGE』は、カンテレ/フジ系で来年1月15日後9・00から放送。

©カンテレ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真