• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

韓国版「親愛なる者へ」WOWOWプライムでスタート

(c)JTBC Co.,Ltd all rights reserved 原作著作 野沢尚 『親愛なる者へ』制作協力 株式会社野沢オフィス

 WOWOWプライム水曜夜の韓国ドラマ枠で、日本で1992年に放送されたヒットドラマのリメイクとなる「韓国ドラマ 親愛なる者へ」が、5月14日(水)後8・30からスタートする(毎週2話ずつ放送。全16話。第1話無料放送)。

「親愛なる者へ」は脚本・野沢尚、主演・浅野ゆう子&柳葉敏郎で1992年に放送され、平均視聴率16.6%をマークしたドラマ。

 結婚3年目を迎え、揺れ動く男女の心情をリアルに、そして切なく描いたラブストーリー。結婚することで過去を忘れようとした女と、結婚することで家族を築こうとした男との結婚生活は、昔の恋の思い出がよみがえることにより、徐々に崩壊していく。

 出演は、ドラマ「ロマンスタウン」「チング~愛と友情の絆~」に出演したキム・ミンジュン、2年ぶりのドラマ出演となるパク・ソルミ、ホン・ジョンヒョン、チェ・ヨジン、ペ・ヌリら。韓国では2012年6~8月に放送され、音楽も映像も素敵と評判の話題作。

<ストーリー>
 雑誌社に務めるソ・チャンジュ(パク・ソルミ)は、結婚すると信じていたチェ・ウニョク(キム・ミンジュン)から別れを告げられてしまう。失意を乗り越え、4歳年下の建築事務所の職員、コ・ジンセ(ホン・ジョンヒョン)と結婚した彼女は、それから3年、夫と恋人のように仲むつまじく暮らしていた。そんなある日、相手の都合で急きょ取材場所が変更になり、チャンジュはウニョクと何度も訪れたジャズバーに向かうことに。
 取材後、バーでグラスを傾けるチャンジュは、財閥令嬢と結婚した元恋人・ウニョクから別れを告げられた夜を思い出す。想いを断つように家路につくチャンジュだったが、行き違いになりバーから追いかけてきたウニョクと顔を合わせ、激しく動揺する。一方のジンセは、工事依頼を受け訪れたダンススクールで、かつての恩師の娘で美しく成長した幼なじみのホン・ラン(ペ・ヌリ)と再会。2つの出会いが、結婚生活に微妙な影を落とす。

 
韓国版「親愛なる者へ」が5月スタート!WOWOWがネットからの加入申し込みですぐ見られる!
 

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える