• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

宮崎あおい、ゴスペラーズの生ライブに感動!!

 2月2日(土)の“夫婦の日”に公開を迎える映画「きいろいゾウ」公開直前プレミアが行われ、主演の宮崎あおい、向井理、浜田龍臣、本田望結のキャスト陣、主題歌を歌うゴスペラーズ、監督の廣木隆一が出席。さらにゴスペラーズによる生歌披露や、本作にちなんで本物のゾウが登場するなどでイベントを盛り上げた。

 本作は、作家・西加奈子のロングセラー小説を恋愛映画の名手・廣木監督が監督。原作の帯に「いつか、この小説の『ツマ』役を演じてみたいです」と寄せていた宮崎と、雑誌内でお薦めの一冊として本作を挙げていた向井が出演を熱望した作品。出会ってすぐに結婚したツマ(宮崎)とムコ(向井)が、結婚後、初めて経験していく男女のつながりと人生をドラマチックに描いている。

 公式ホームページの応募で当選した約200人の観客で満席となった場内から、歓声で迎えられたキャスト陣は、寒い中、朝から待っていた観客がいたという話を聞き「ありがとうございます」といたわったり、「映画の現場はこんなに和気あいあいではなかった」と廣木監督が笑いながらコメントするなど楽しいムードで進行した。

 主演のツマ役を演じた宮崎は、共演した向井についての印象を聞かれると「ムコさんのように何でも引き受けてくれる。頼りにしてます、頑張ってください」と向井を励ました。いっぽう、向井は「(近所に住んでいる老夫婦役の)アレチさんとセイカさんの2人が好き。ああいう2人の形もいいなと感じられるし、そういうふうに皆さんにも感じてもらえる作品だと思う」と劇中に出てくる老夫婦を理想の夫婦像に挙げながら映画をアピールした。

 さらに、映画の主題歌を担当するゴスペラーズが生ライブを行い、宮崎も「生で聞いて本当に感動した。鳥肌が立って映画のシーンがよみがえってきた」と発言。会場全体が映画さながらの優しい雰囲気に包まれた。

 最後は、本物のゾウ“ランディ”が登場し、得意の芸を披露して映画をPRした。

「きいろいゾウ」
2月2日(土)“夫婦の日”、新宿ピカデリーほかで全国ロードショー
出演:宮崎あおい、向井理、濱田龍臣、浅見姫香、本田望結、柄本明、松原智恵子、リリー・フランキー、緒川たまき
声の出演:大杉漣、柄本佑、安藤サクラ、高良健吾
原作:西加奈子
監督:廣木隆一
脚本:黒沢久子、片岡翔
製作:『きいろいゾウ』製作委員会
配給:ショウゲート
(C)2013西加奈子・小学館/「きいろいゾウ」製作委員会

「きいろいゾウ」公式サイト(http://www.kiiroizou.com/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える