• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

入野自由「王道のロボットアクションを見てほしい」

 TVアニメ「キャプテン・アース」放送直前プレミアムイベントが舞浜アンフィシアターにて行われ、真夏ダイチ役の入野自由、嵐テッペイ役の神谷浩史、夢塔ハナ役の茅野愛衣、夜祭アカリ役の日高里菜が登場。本イベントでは、1話と2話が先行上映された。

「キャプテン・アース」は、高校2年生の真夏ダイチが巨大なロボット「アースエンジン」と出会い、忘れられないひと夏を体験するオリジナルTVアニメ。4月よりMBSやTOKYO MXほかで絶賛放送中。

 神谷は「専門用語ばかりで難しいと思いますが、大きく分けて宇宙人と戦っている少年たちの物語と思っていただければと思います。それさえ分かれば、きっとこの作品の魅力に気づくと思います」と笑顔を見せた。

 登場人物について聞かれると、入野は「真夏ダイチは、ごく普通の男の子。17歳の思春期で、『このままでいいのかな俺』って感じですね。暗い感じだと思ってそう演じたら、音響監督に『暗すぎっ』と言われてしまいました」とアフレコのエピソードを交えながら語った。そして、神谷が「ダイチが普通の高校生だとすれば嵐テッペイは普通じゃない高校生代表です。困ったことに何も説明できない。説明したいけど、言うなって言われて…でも、面白かったでしょ?」と言うと、会場からは拍手が起こった。

「アースエンジン」の話題になると、入野は「かっこいい」と大絶賛。日高は「かっこいいですよね。ガシャンデューンゴーンってなって」と擬音でその魅力を表現、茅野も「擬音でしか表現できないけど、すごいってなりました」と意見に賛同した。

 登場人物が17歳ということで、日高は「パクチーが食べられなかったんです。好き嫌いがないことが自慢だったので、ショックでした。今は、大好きです」と当時の悩みを語った。茅野も「身長が毎年縮んでいくんです。今も現在進行形で悩んでいます」と明かした。

 最後に入野は「最初は分からなくてもいいんです。王道のロボットアクションを見てほしい。まずはたくさんの人に見ていただいて、熱いロボットアニメが面白いと感じていただければいいですね」とメッセージを送った。

「キャプテン・アース」公式サイト(http://captain-earth.net/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える