• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『給与明細』レジェンド・尾崎菜々が“潜入ガール”に熱血アドバイス

『給与明細』 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『給与明細』#34が12月23日に放送された。

 12月23日は、これまで番組に出演し、身体一つで体験調査をしてきた“潜入ガール”たちのさらなる能力を引き出すべく、“潜入ガール”適性検査を実施。“潜入ガール”にとって大事なのは、取材力はもちろん、対応力、語彙力、そしてセクシーさこそが番組を大きく左右する重要な要素。今回この審査に名乗りを上げたのは、小柳歩、まろか、三宿菜々、金子智美、緒方友莉奈、藤原響子、水咲優美、近江爽良といった現役&新人グラビアアイドル。この8名が最も“潜入ガール”としての素質を持つグラビアアイドルの座を争った。

 そして特別審査員には『給与明細』がテレビ東京で放送されていた頃の伝説の“潜入ガール”尾崎菜々が登場。尾崎は「私の時は、やりすぎてマネージャーに怒られるくらい番組のことを考えてガツガツやっていた」と語り、その思いを今の時代に継承するべく、厳しく審査を行った。

“潜入ガール”適性検査として、最初の水着審査では、視聴数が増えるようなセクシーカットを即興で作れるかという“対応力”をチェック。グラビアアイドルたちは、カードに書かれたアイテムを使い、水着姿で自分をセクシーにアピール。ヨガマット、ソーセージ、風船などを使い、必死にセクシーカットに挑戦するグラビアアイドルたち。

 続いて“実技審査”では、“潜入ガール”にとって、どんな状況でもセクシーさを貪欲に出す姿勢が重要ということで、パンチラをしてはいけないという設定の中、4人1組でツイスターゲームを行い、いかにセクシーカットを演出できるのかチェック。1組目が挑戦するも、誰一人セクシーカットが出せず、見かねた特別審査員の尾崎から「チラ見せぐらいは、恥ずかしがりながらもやってもらいたい」とダメ出しされる場面も。

 そして全ての審査が終了。尾崎は「皆さん思いきりやっていただいたんですけれども、“1つ欠けてるな”と思ったものがあって、それは“恥じらい”。見ている方は、ガツガツやられても面白くないんです」と指摘。グラビアアイドルたちの表情がくもる中、尾崎は「(合格者を)2名に絞らせていただきました。1人目は小柳さん。そしてもう1人は水咲さんです」と2人の名前を発表した。

 最後に尾崎は「私の中で決めていた3か条があるんですけど、1つ目は“何も聞かされなくても自分からは聞かない”。2つ目は“言われたことは何が何でも絶対やる”。3つ目が“数字(視聴率)のことを考えて、セクシーに頑張る”。番組のことを考えて行動する」と“潜入ガール”としてのアドバイスを送った。

AbemaTV『給与明細』
放送日程:毎週日曜 後11時~11時30分
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

【潜入ガール適性検査!放送ギリギリのセクシーアピールで出番を掴め!】
12月23日(日)放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/EUaGinM7bcQ3F5

ストーリーテラー:テリー伊藤
潜入ガール:尾崎菜々、小柳歩、まろか、三宿菜々、金子智美、緒方友莉奈、藤原響子、水咲優美、近江爽良

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える