• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ココリコ遠藤章造が平岡祐太主演『新・浅見光彦』に出演!嫌みな刑事を熱演

©TBS

©TBS

 2019年1月7日(月)放送の平岡祐太主演の月曜名作劇場『内田康夫サスペンス 新・浅見光彦シリーズ 天城峠殺人事件』(TBS系)に、遠藤章造(ココリコ)が出演する。

 ベストセラー作家・内田康夫の大ヒットシリーズを平岡祐太主演で送る第5弾。平岡演じる旅と歴史のルポライター・浅見光彦が、取材で訪れた全国各地の名所旧跡でさまざまな事件に巻き込まれながらも、持ち前の正義感と推理で難事件を解決する人気シリーズ。

このシリーズでは定番となっている、光彦が地元の警察に不審人物として疑われピンチに陥り、警察庁刑事局長の兄・陽一郎(石丸幹二)に助けられるシーンに、お笑いコンビ・ココリコの遠藤章造が出演することに。光彦に犯人の容疑を掛ける地元警察の嫌みな刑事課長役で、平岡と初共演する。

遠藤は、光彦を殺人事件の犯人だと決めつけ、厳しい言葉で問い詰めるが、光彦の兄が警察庁の刑事局長だと分かると、態度を一変。腰折れしゴマをする男をコミカルに演じている。

撮影後、遠藤は「平岡祐太さんとのお芝居は今回が初めてでしたが、男前すぎて、もう直視できませんでした(笑)。実直な光彦に容疑をかける俺ってなんだろうって思いながら、撮影に臨みました。でも、光彦に嫌な態度をとっていたかと思うと、素性を知った瞬間にコロッと態度を変える。そんな世渡り上手な刑事課長役は僕にピッタリだなって思いましたね(苦笑)。物語の本筋とは外れたゆるゆるなシーンもぜひお楽しみください!」と、見どころとともに、平岡との初共演の印象を語った。

月曜名作劇場『内田康夫サスペンス 新・浅見光彦シリーズ 天城峠殺人事件』
TBS系
1月7日(月)後8・00~11・07

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える