• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『下町ロケット』吉川晃司が小学生の前にサプライズ登場!

吉川晃司 全国の小・中学校で必修となったダンスの授業“現代的なリズムダンス”を学級単位で発表する「第6回 全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール」の小学生部門の全国大会が、東京・マイナビBLITZ赤坂で開催。優勝旗プレゼンターとして、2019年1月2日(水)後9・00より特別編が放送される『下町ロケット』から吉川晃司が登場した。

 全国から、自由曲部門12チーム、規定曲部門16チームが参加した今大会。規定曲部門の演技の後には、規定曲「青いかぜに吹かれて」のLittle Glee Monsterや、「No Other One」のFlowBackが圧巻のパフォーマンスで会場の学生たちを盛り上げた。

 そして文部科学大臣賞を受賞し、優勝した東京都港区立港南小学校「CHERRIES」の優勝旗プレゼンターには、サプライズで吉川晃司が登場。劇中の財前道生役そのままのスーツ姿での登場に、会場は大きな歓声に包まれた。

 代表生徒に優勝旗を渡した吉川は「みんなで力を合わせて勝ち取った優勝。この達成感、やったぜ!という気持ちを楽しんで」と優勝校を激励すると同時に、「失敗や負ける事は、“いつかやってやるぞ”という力になりますから。これからも頑張ってください」と入賞を逃したチームの生徒たちにもエールを送った。

 会場にはほかにも、審査員を務めた恵俊彰、自由曲部門のプレゼンターとして朝倉あきと、『下町ロケット』出演陣が次々登場し、会場を沸かせていた。

 TBSでは、クラス一丸になってダンスに取り組む生徒たちを地方大会から取材。全国大会の舞台裏も含めて、ひたむきに頑張る生徒たちの姿を、2019年1月2日(水)前6・00から放送する(関東ローカル)。

 また、吉川ら豪華出演陣が再び集結する『新春ドラマ特別編「下町ロケット」』も同日後9・00より放送される。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える