• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

和牛が報道番組に初出演「これを機にニュースの顔に」『池上彰のどーなる?ジャーナル』1・1放送

©MBS

©MBS

 2019年1月1日(火)放送の『池上彰のどーなる?ジャーナル』で、“M-1史上初の3年連続準優勝”の和牛が報道番組初出演を果たすことが決定した。

 2014年に始まり、今回で6回目となる『池上彰のどーなる?ジャーナル』では、ニュースの達人・池上彰が「平成」の次の「新たな時代」とはどんな時代なのか、私たちの日々の暮らしの問題やアメリカや中国といった世界情勢、宇宙開発、環境、食糧問題など、身近な例を引きながら分かりやすく解説する。

 報道番組初出演となる和牛は「新時代コレがなくなるジャーナル」を担当。バナナやお花見、さらには日本人までがなくなる時代が来るなど、驚きの状況を面白おかしく説明していく。

 さらに、和牛・川西賢志郎の地元であり、2019年9月にはラグビーワールドカップが開催される花園ラグビー場がある東大阪市の話題もピックアップ。人口は全国で29位の50万人だが、製造業の事業者数は約6000社と全国5位を誇る東大阪市。そんな製造業の街・東大阪の驚きの新技術と宇宙に掛ける夢を紹介する。

<和牛コメント>
川西賢志郎:僕の地元(東大阪)の話題も出たし、池上さんが分かりやすく言ってくださる。今日で賢くなったと思います。

水田信二:報道番組に「僕らで大丈夫かな?」と思いましたが、興味が持てる事柄を池上さんが分かりやすく解説してくださったのでめちゃくちゃ分かりやすかったです。これまで知ろうとしてなかっただけで、これを機にニュースの顔になろうと思います。

川西:無理やって!

田:次は司会を狙います!

川西:2回目で池上さんの位置狙ってんの?

『池上彰のどーなる?ジャーナル 平成が終わる 新時代の“変わる”が分かる!』
MBS
2019年1月1日(火)後2・30~5・30

<出演>
ナビゲーター・解説:池上彰
パネラー:円広志、柴田理恵、菊地亜美、和牛、広瀬駿(気象予報士)

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える