• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

速水もこみち、無人島で料理!よゐこのため「元気になってもらえるレシピづくりを」

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 速水もこみちが、テレビ朝日系の大みそか特番『よゐこの無人島0円生活 本気で使える芸能人助っ人続々登場でナスDにリベンジ!国民栄誉賞受賞!!霊長類最強の女・吉田沙保里フル参戦SP』(後6・00~深0・30)によゐこの“料理助っ人”として参戦する。

 漁船で濱口優と有野晋哉のいる無人島へ向かった速水は、「スゴい良い島じゃないですか! 楽しみのほうが多いかも」とさわやかに上陸。しかし、有野が前もって作っておくはずだったキッチンが未完成で、「あれ? 話に聞いていたのとは違う…」と苦笑しつつも、浜辺に無造作に置かれた大判ベニヤ板の上で料理を開始する。

 速水はハーブや“例のオイル”を持参し、濱口が獲った魚や貝で“かつて無人島に存在したことのないトルティーヤ”に“全4品の豪華フルコース”と、無人島とは思えない都会的料理を披露。大工仕事も自ら進んで手伝い、料理同様、手際の良さを発揮して“立って料理ができる足つきキッチン台”を完成させた。

 速水は「どんな試練が待ち受けているかドキドキだったのですが、無人島でもよゐこのお二人とスタッフさんたちの協力のもと、楽しく過ごせてうれしかったです」とロケを振り返り、「体力のいる撮影の中、自分にできることは料理なので、元気になってもらえるようなレシピづくりを心掛けました」とコメント。「もし再びお話をいただけるなら、また喜んでお料理しに伺います(笑)」と再出演にも意欲を見せた。

 そんな速水に、有野は「いつも、その瞬間のひらめきでアレンジして、料理を作るんですって。それであんなおいしい料理ができるんやから、スゴイですよ!」と驚き。濱口は「まさか大工までやらされるなんて、もこちゃんも思ってなかったでしょうけど、怒ることも全然なくて。ホンマ、カッコよくて絵になるし、優しいし…すてきな人でした」と感謝した。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真