• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

松本穂香、松尾諭の異色コンビがW主演!ドラマ『JOKER×FACE』1・14スタート

『JOKER×FACE』 松本穂香、松尾諭W主演の連続ドラマ『JOKER×FACE』(ジョーカー・フェイス)が2019年1月14日(月)からスタートする。

 本作は、インターネットの過激動画をめぐるスリリングな攻防劇を描いた連続ドラマ。フジテレビ初主演となる松本穂香と、連続ドラマ初主演となる松尾諭の異色コンビがW主演を務める。松本は「JOKER」という動画配信チャンネルを運営し、動画投稿で荒稼ぎする謎の美女・流川を、松尾は流川の口車に乗せられ、動画制作の片棒をかつぐはめになる中年男・柳を演じる。さらに、須藤蓮が「JOKER」チャンネルに心酔する謎の男・レンをミステリアスに演じる。

 舞台は若者の流行発信地、東京・渋谷。流川がターゲットにするのは、清純派を演じる“アイドルの実態”、すぐにだまされてしまう老婦人を狙った“オレオレ詐欺の実態”、出会い系アプリに巣食う“サクラビジネスの実態”など、きらびやかな街の裏側で起こっている“犯罪ボーダーライン”のトラブルばかり。

 そんな現場に柳を潜入させ動画を撮影し「JOKER」チャンネルに配信。すると、多くのユーザーがのぞき見感覚で出現。流川が巧みに仕掛ける罠によって、自分とは関係のない他人が窮地に追い込まれていくことに興奮し、思い思いのコメントを発信、動画は拡散されていく。ネット民の代弁者のごとく、何のためらいもなく、対象者をさらしていく流川。果たして流川の目的とは…。

 完全オリジナルストーリーの脚本を担当したのは、映画「あの日々の話」原作・脚本・監督を手がけ、第31回東京国際映画祭日本映画スプラッシュ部門にノミネートされた若手劇作家・玉田真也。演出は人気アーティストのMVをはじめ、ドラマ『下北沢ダイハード』『tourist ツーリスト』などで注目を集めるスミス。

 また、放送に先立って1月11日(金)深0時よりフジテレビの動画配信サービスFODで配信されることも決定している。

<コメント>
■松本穂香
「今回私が演じる流川は、ネット動画で活躍する謎の女性なのですが、そんな流川が一体どんな人間なのか、最後まで注目して観ていただけるとうれしいです。ダメなおじさん、柳を演じる松尾さんとの掛け合いも見どころです。ぜひ楽しみにしていてください!」

■松尾諭
「10年ぶりにフジテレビの深夜ドラマに帰ってきたらずいぶんな大役でワナワナしましたが、脚本は面白いし監督は天才だし松本穂香さんはめっちゃかわいいしで、連日連夜の過酷な撮影もなんのそのです。深夜枠だからこその本気のドラマ、ぜひご覧ください」

■脚本:玉田真也
「今作では、再生数のためなら善悪を飛び越えるユーチューバーを描いています。このドラマを見たら『お前ユーチューバーに対してどんなイメージ持ってるんだ』とお叱りを受けるかもしれませんが、ファンタジーとしてしっかり楽しんでいただけるものになっていると信じています」

■演出:スミス
「松本さんと松尾さん、イメージ通りの最高のキャストで、楽しくて仕方ないです。脚本も最高、ゲストも最高で、最高のドラマになってます。最低な目にあう柳と、最高に楽しそうなジョーカーを是非、見てください」

<あらすじ>
第1話&第2話
 リストラされ途方にくれたサラリーマンの柳(松尾諭)が、渋谷でオヤジ狩りに遭い、若者から暴行を受けていた。そこに、突如姿を見せ、うれしそうにその様子を撮影し始めた流川(松本穂香)。警察が現れ、若者が取り押さえられている隙に流川は柳を連れて逃走。一息ついたところで、礼を言い柳が立ち去ろうとすると、流川が動画サイトを見せた。そこには、先ほどのオヤジ狩りの場面がアップされていた。驚く柳に流川は、自分に協力すれば報酬を出す、と持ち掛ける。躊躇する柳だったが、誰にでも体を許す清純派アイドル(永尾まりや)と肉体関係を持つのが仕事だと言われ…。

【第3話&第4話】
 流川(松本)は、柳(松尾)を呼び出し、高齢女性に“オレオレ詐欺”の電話をしろと命じる。柳が拒否すると、流川はだまされやすい女性に詐欺を警告するためのドッキリ企画だという。女性の息子に成り済まして電話をし、同僚のふりをして金を受け取りに行くことになった柳。優しそうな女性(梅沢昌代)は柳を家に招き入れ、頼まれた30万円を差し出した。不安になった柳はネタばらしをしよう、と流川に頼むが引き延ばされるうち、女性の息子(丸山智己)とその妻(伊藤ゆみ)が現れる。

『JOKER×FACE』
2019年1月14日スタート
毎週(月)深0時55分~1時25分

<キャスト>
松本穂香
松尾諭
須藤蓮

<ゲスト>
♯1、2:永尾まりや、小松利昌
♯3、4:梅沢昌代、丸山智己、伊藤ゆみ

<スタッフ>
脚本:玉田真也
企画:村上正成、杉山剛
企画協力:加藤達也
プロデュース:櫻井雄一
プロデューサー:望野さやか
演出:スミス、山岸聖太、青木達也

制作:ソケット
制作著作:フジテレビ/ソニー・ミュージックエンタテインメント

公式HP:https://www.fujitv.co.jp/JOKERFACE/

©フジテレビ

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える