• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

専門家もびっくり!大名の家紋入り“瓦”が出た!『池の水ぜんぶ抜く大作戦』1・2放送

『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦』 『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦 お宝出た!出た!2019 2大名城プロジェクト』(テレビ東京系)が1月2日(水)後5・55から放送される。

 今回、水を抜くのは香川県丸亀城と山口県萩城のお堀。ともに築城から400年以上も経っていて、何が出てくるかは予想不可能。果たして、お堀の底には何が眠っているのか…。

 丸亀城は、江戸時代からの天守が残る12城のうちの一つ。しかし、夏になるとお堀の全面にアオコが発生して悪臭を放ち、美しい景観を台無しにしているという。水質改善のため水を抜き、生物を捕獲したいと番組に依頼があり、MCの田村淳と田中直樹と的場浩司、大家志津香、あばれる君らが現場に向かう。

 水を抜いていくと、次々と現れる外来種の魚たち。生態系に大きな影響を及ぼすという特定外来生物・ブルーギルまで現れる。そんな中、底から丸亀城主だった京極家の家紋が入った瓦が発見される。

 いっぽう、山口県の世界遺産・萩城に向かったのは塚本高史、森永悠希、仁村紗和。築城からお堀の水を抜いた記録がないというが、実は最近外来種が増えているということで、萩市長自ら番組に生態調査を依頼したのだという。

 さっそく水を抜くと、400年間たまり続けたヘドロの深さが1メートルもあり、塚本らは足をとられ、生物を捕まえるどころか前にすら進めない…。しかし、そんな中山口県で絶滅危惧種に指定されている貴重な在来種・ナマズを4匹保護する。

 さらに萩城でも、毛利家の家紋が記された瓦を発見。さらに、しゃちほこの鱗の一部だと思われるものや、鬼瓦まで発見される。

 また、愛知県知事から番組史上最大の依頼が。愛知県の産業を支える巨大な貯水池「佐布里池」の堤防の耐震補強工事のため、池の水を抜くほか、MCの田中と鈴木福が駆けつける『超巨大プロジェクト始動』や、2017年1月から始まった番組で、池を抜いてきた全池から出てきた“とんでもないもの”を一挙に振り返る『絶対に出るはずないもの大放出!』、12月23日に放送された『緊急SOS!最強探知機で日本の“お宝”ぜんぶ掘る大作戦』に入りきらなかった、ゴルフ場に眠るタイムカプセルを探し出す企画を放送する。

『緊急SOS!池の水ぜんぶ抜く大作戦 お宝出た!出た!2019 2大名城プロジェクト』
テレビ東京系
1月2日(水)後5・55

出演:田村淳、田中直樹、寺脇康文、的場浩司、塚本高史、森永悠希、仁村紗和、鈴木福、大家志津香(AKB48)、あばれる君ほか

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える