• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

龍馬が生きていたら乃木坂46は存在しなかった?大胆推測に秋元真夏が驚き

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 古舘伊知郎がMCを務めるテレビ朝日系特番『古舘トーキングヒストリー~幕末最大の謎 坂本龍馬暗殺、完全実況~』が、1月5日(土)午後9時から放送される。

 歴史上の出来事をドラマで再現し、古舘の実況でひもとく人気シリーズの第3弾。今回は坂本龍馬暗殺の謎を寺田屋襲撃事件、大政奉還、近江屋事件に絞って紹介。龍馬役は渡辺大、妻のおりょう役は橋本マナミ。大ヒット映画「カメラを止めるな!」に主演した濱津隆之も龍馬の護衛・三吉慎蔵役で登場し、渡辺と寺田屋からの決死の逃走劇を1カメ・ノーカット撮影で演じた。

 スタジオでは、そのドラマを見ながら歴史学者の磯田道史が解説。「もし龍馬が生きていたら今の日本も変わっていたのだろうか?」という問いかけに、磯田は「我々の人生すべてに影響していたと思います」と自論を展開。「乃木坂46もおそらくは存在していないでしょう」と推測してゲストの乃木坂46・秋元真夏を驚かせるが、その理由に古舘は「先生、面白すぎます!」と感心する。

 出演はほかに寺島しのぶ、伊集院光、濱田龍臣ら。

©テレビ朝日

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真