• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『仮面ライダージオウ』新ライダーを演じる渡邊圭祐&多和田任益からメッセージ

©2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

©2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

 テレビ朝日系『仮面ライダージオウ』((日)前9・00)は、1月6日放送の第17話から新エピソードに突入。未来からやって来る2人の新ライダーを演じる渡邊圭祐と多和田任益がコメントを寄せた。

 第16話では、2068年の未来で世界を破滅へと導いたオーマジオウが自分自身であるという事実を突きつけられた主人公・常磐ソウゴ/仮面ライダージオウ(奥野壮)。最悪の事態を回避するため、一度は変身ベルトを捨てるが、明光院ゲイツ/仮面ライダーゲイツ(押田岳)らのサポートもあり、オーマジオウになろうとも世界を救ってみせると決意。再び仮面ライダージオウとして戦いに身を投じていく姿が描かれた。

 そんなソウゴの前に現れるのが、渡邊演じる仮面ライダーウォズと多和田演じる神蔵蓮太郎/仮面ライダーシノビ。渡邊は謎の予言者ウォズ役で出演中だが、仮面ライダーウォズに変身するのはウォズとそっくりな別の男で、「今までのウォズよりも愉快なキャラ。ただ、ウォズよりももっと信頼できない感じがするかもしれません。ここから先は未来のことになるので(笑)。ご期待ください」と1人2役にやる気十分。

 一方、仮面ライダーシノビはその名のとおり、忍者さながらの技で敵を翻弄するのが特徴。多和田は『手裏剣戦隊ニンニンジャー』(2015~2016年)でキンジ・タキガワ/スターニンジャーを演じており、「忍者モチーフという深いつながりを感じる仮面ライダーシノビとして呼んでいただいてうれしかったです。そして、何より仮面ライダーにも変身できるとは夢にも思わなかったので、すごく光栄です」と感激している。

 また、これまでの戦いをプレーバックできる『今からでもわかる!仮面ライダージオウ』と題した映像の第3弾が、1日5日(土)正午より公開される。詳しくは公式ホームページをチェック。

<渡邊圭祐 コメント>
 仮面ライダーウォズは、今までのウォズが変身するのではなく、新しいキャラクターが変身します。両方のキャラを僕が演じるのですが、新キャラの登場によってストーリーも新しい展開になるので、そこに注目してもらいたいです。仮面ライダーウォズに変身する男は、今までのウォズよりも愉快なキャラ。ただ、ウォズよりももっと信頼できない感じがするかもしれません。ここから先は未来のことになるので(笑)。ご期待ください。

<多和田任益 コメント>
「スーパー戦隊シリーズ」、「仮面ライダーシリーズ」は小さい頃からの憧れであり、今も大好き。“大人のお友達”として「ジオウ」も見ていたので、出演が決まったときは、ただただびっくりしました。

 もしかして、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」で演じたスターニンジャーとして「ジオウ」に!? と早とちりしてしまったのですが(笑)、忍者モチーフという深いつながりを感じる仮面ライダーシノビとして呼んでいただいて嬉しかったです。そして、何より仮面ライダーにも変身できるとは夢にも思わなかったので、役者としても、いちファンとしてもすごく光栄です。変身ベルトを着けた時はまた一つ夢が叶った嬉しさと、この上ない幸せを噛み締めました。

 現場では奥野壮君をはじめとするキャストの皆さんとの撮影も、アフレコでも親戚の家に来たようなアットホーム感の中、楽しく、真剣に取り組むことができました。

©2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える