• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

林修&アンミカの熱血授業で『初耳学!』番組ベスト高視聴率

『林先生が驚く初耳学!SP』 1月6日に放送された『林先生が驚く初耳学!SP』(MBS/TBS系)が番組ベストを更新する13.4%の高視聴率を記録した(数字は関東地区、ビデオリサーチ社調べ。)。

 この日放送されたのは、“林先生×アンミカ先生情熱と怒りの二大授業SP”と題した2時間スペシャル。関東地区で同時間帯トップ、番組ベストを更新する13.4%の高視聴率を記録した。

 林先生が、高学歴故にどこか社会を斜めに見て、社会への不満を募らせる“高学歴ニート”たちに特別授業を行い、「仕事で時間を浪費するくらいなら好きなことをしていたい」「好きな仕事じゃなければ働きたくない」「いい大学に入れば、いい人生が送れるはず」と主張するニートたちと熱い議論を戦わせた。

 元パリコレモデルのアンミカと有能な講師陣が9人の学院生たちを指導し、パリコレモデルデビューを目指す「アンミカ先生が教えるパリコレ学」には、特別講師としてパリコレ出展22年の世界的デザイナー、コシノジュンコが登場。自身のコレクションを提供し、ファッションショー形式でショーモデルとしての着こなしと個性の査定が行われた。発表されていく順位にホッとする者、思うようなウオーキングができずに悔し涙を流す者が現れる。

 緊張の中、9人中5人の順位が発表され、八尾野瑠音(13)が最年少ながらも服の魅力を理解した立ち居振る舞いとモデルとしての資質を褒められ、堂々2位に。1位と最下位を含む残り4人の順位は、1月13日(日)放送の『林先生が驚く初耳学!』で明らかになる。

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真