• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

全国3000人の中から歌うま日本一を決定!関ジャニ∞・村上信五「素晴らしい戦いの連続」

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 関ジャニ∞の村上信五と黒木瞳がMCを務めるテレビ朝日系の人気オーディション番組『音楽チャンプ』が、1月11日(金)午後7時から3時間SPで放送される。

 今回は「全国45都市でカラオケ100点探しの旅!3000人が超熱唱!!歌うま日本一決定戦SP」と題し、テレビ朝日のアナウンサーがカラオケ採点マシーンを担いで、全国45都市を行脚。北は北海道、南は沖縄まで、約3か月かけて発掘した原石たちが“歌うま日本一”を目指して「小学生」「中学生」「高校生以上」に分けた審査に挑む。

 各ブロックの最高得点者と審査員推薦枠が準決勝で激突し、勝ち残った3人で争う決勝ステージでは、音楽プロデューサーの田中隼人と杉山勝彦、音楽評論家・作詞家・翻訳家の湯川れい子、ソプラニスタの岡本知高氏が審査を担当。次世代を担う挑戦者たちの歌唱力に「大人になったらどんな歌を歌うのか楽しみ」(岡本)、「音楽の申し子のような方。新しい元号の大スターを目指してほしい」(湯川)とうなり、「ぶっちゃけ、すぐデビューできると思う!」と太鼓判を押す場面も。

 さらに、番組史上初めて審査員から100点を獲得する挑戦者まで出現。優勝決定の瞬間には、ゲストの横山だいすけも「感動しちゃいました。“歌が好き”という気持ちが歌声からあふれていて、何よりも心が洗われました」と感極まって涙する。

 村上は「素晴らしい戦いの連続でした」と収録を振り返り、「テレビ朝日アナウンサーが総力をあげて全国から探してきてくれました。発掘してくださったアナウンサーの方々、本当にありがとうございました」とねぎらいのコメント。黒木は「素晴らしい才能を持つ挑戦者たちが登場してくださいました。全国3000人の中から1人のチャンプが決まるのはスゴイことですし、やっぱり歌の力って素晴らしいですね。泣きそうになってしまいました」と感動した様子で語っている。

<見どころ動画>

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える