• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

『柴公園』渋川清彦&大西信満&ドロンズ石本の柴犬メロメロ対談&新写真公開

「柴公園」
 渋川清彦主演の連続ドラマ&映画「柴公園」から、渋川、大西信満、ドロンズ石本が撮影秘話を語る対談インタビューが公開された。

 本作は、街の公園で、柴犬を連れたおっさん3人がダラダラとしゃべるだけの会話劇。おっさんたちの共通点は、古い街に突如建ったタワマンに越してきた街の新参者にして柴犬を飼っていること。彼らは毎日散歩で顔を合わせるが、お互いの名前も知らない適度な距離感のお付き合い。だが、それ故に普段思っている事を何でも話せる関係だ。

 主演のあたるパパ役を演じるのは渋川清彦。俳優人生20年のメモリアルイヤーに連続ドラマ初主演を飾る。渋川の脇を固めるじっちゃんパパ役を大西信満、さちこパパ役をドロンズ石本が演じる。

「柴公園」
<渋川清彦(あたるパパ)、大西信満(じっちゃんパパ)、ドロンズ石本(さちこパパ)インタビュー>

◆今回は3人とも柴犬の飼い主役ですが、プライベートでワンちゃんは?

渋川清彦:実家では数年前まで飼っていました。雑種でしたが。名前は「さくら」。色は白で少し柴犬の雰囲気もあったかな。毎朝、母親が散歩していました。群馬特有の雷が苦手で、犬小屋に隠れる少し臆病なかわいい犬でした。さくらが死んでしまって、今は迷い込んだ猫を一匹飼ってますけどね。

大西信満:僕も子供のころに飼ってましたが、今は猫です。

ドロンズ石本:僕は子供のころからずっと飼ってました。残念なことに去年(2018年)亡くなっちゃったんですけど。

「柴公園」
◆私生活での犬とのエピソードがあれば教えてください。

渋川:あたると散歩してると、実家での散歩中のことを思い出しますね。うんちの仕方も性格で違ったりして。道の側溝の網は嫌いだったなとか、思い出しますね。帰ったときに散歩をするくらいでしたけど。あと、田舎ならではの、残飯でも何でもあげてました。

大西:僕は小さいときにすごく覚えていることがあって。神奈川に住んでいたときに、家族で軽井沢に旅行に行ったんです。そのとき、外で飼っていたポチの綱が外れたみたいで、僕たちが旅行から帰ったらいなかったんです。そこから数日後、長野県警から連絡があって保護されたと。名札を付けていたので。神奈川から長野まで追いかけてきたみたいなんです。ビックリしたのをすごく覚えています。犬ってすごいなって。

石本:うちは、僕がこっちに来てからは、4年前に亡くなったおやじがずっと散歩をしてたんですけど、散歩中に倒れたことがあって。意識もあぶなかったんです。母親が遅いと思って心配になって探しにいったら、犬がずっとそばにいてワンワン吠えてたそうなんです。それを聞いたときは泣きそうになりました。賢いなと思いますよね。

渋川:犬ってそういうところあるよね。

石本:18年間生きて広島県から表彰もされたんですけど、その子が亡くなって2、3か月でこういう犬のドラマのお話がきたんです。

渋川:それはすごいっすね。

石本:うちの母ちゃんはその子がつなげてくれた縁だろうって言ってます。

渋川:そういう縁ってあるよね。

「柴公園」
◆『柴公園』は、ワンちゃん同士でつながっているというちょっと面白い人間関係ですね。しかもおっさん3人。

石本:遠慮しないですね。

渋川&大西:ははは。

渋川:この感じは都会ならではなのかなという感じもしますね。企画兼プロデューサー兼脚本家の永森さんの実体験も入っているそうですし。何か東京らしいなという感じはあります。田舎のほうだったら、どこのだれかはだいたい知ってますから。

大西:この3人の場合はお互いの素性を知らないからね。でもママ友とかも同じような感じなのかな。よく知らない人同士が犬であったり子供であったりをつながりにして人間関係を築くというのは、十分リアリティがあると思います。

◆ワンちゃんがいる撮影現場は大変では?

石本:結構じっちゃんが言うこと聞かないですよね。

大西:じっちゃんは名前はじっちゃんですけど、まだ1歳未満で撮影自体も今回が初めてなんです。だから本番って声がかかって現場に緊張感が漂うと、犬はただでさえ敏感ですから、緊張しちゃって動かなくなったりしますね。

石本:あたるくんとさちこは意外といい子ですよね。

渋川:そうですね。

石本:あと、みんな撮影中以外でもずっと犬と一緒にいるので、だんだん言うことを聞くようになってますね。

渋川:中でもさちこが一番言うこと聞いてますよね。

石本:いやー、まあ、うちのさちこが一番かわいいでしょ。

渋川&大西:ははは。

石本:そうなっちゃいますよね。でもあたるくんも、じっちゃんもかわいいですよね。

渋川:じっちゃんは顔がシュッとしてますよね。

大西:そうですね。何か現場で、ハプニングもハプニングじゃなくなってきてます。日常というか。じっちゃんは金網の上は怖がっちゃうから、抱っこして歩くとか。

渋川:側溝のね。

石本:じっちゃんパパは抱っこするのが自然になってきてますね。

「柴公園」
◆お三方はひとつずつ違いの同年代ですが、現場での雰囲気は?

石本:僕はいいと思ってますけど、正直あとのお二人がどう感じているかは……。

渋川&大西:あはは。

渋川:石本さんが明るい方なのでね。

大西:石本さんとは初めてご一緒させていただきましたけど、初めての感じがしないです。

渋川:僕と大西くんは普段から知っているんですが、石本さんは初めてでした。でもさちこパパそのまんまの人ですね。

石本:脚本を読ませてもらって、お二人のこと、アテ書きなのかなと思いました。

大西:え、僕のあれ、アテ書き?

渋川:でもそういうの、分かるよ。

石本:ですよね。あたるパパも独特の間とかが、渋川さんなのかあたるパパなのか分からない。おもしろいですね。僕、本番中でも笑っちゃってNG出しちゃいましたし。あたるパパの独特な感じに。あと大西さんもじっちゃんパパの真面目さとか素直さとかが。

渋川:そうそうそう。

石本:僕の場合は、じっちゃんパパから入っちゃってるので、大西さん自体の印象はあとからついてきていますけど。

大西:渋川さんは本当にアテ書きの感じがします。僕は思いっきり役に寄せていってるんですけどね。石本さんはとても自然に入られてるなぁと思います。

石本:僕、実をいうと、自分があたるパパだったらとか、じっちゃんパパだったらとか考えてみたんです。でもやっぱりさちこパパがしっくりきました。

渋川:もうそれぞれが役にしっくり来てるんじゃないですかね。

「柴公園」
◆渋川さんは、連続ドラマ初主演ですね。

渋川:ですね。けどあまりそういう意識はないですね。ただ今回の作品は、とにかくセリフの分量が多い。

大西:確かにセリフ量が尋常じゃないですよね。普通はト書きとかいろいろあって1ページだったりするのが、全部セリフだけのページを1日15ページとか20ページとかやる。皆さん苦労してるんじゃないですかね。脚本は本当に面白いんですけどね。それをいかに生身で表現できるか、セリフを覚えることも含めて。あまり動きがないし。

渋川:そう。ただしゃべってるだけって、技術が必要ですよね。

石本:僕は脚本を読んで、単純に面白いなと思っただけでした。キツイなと思ったのは、撮影し始めてからです。

渋川&大西:ははは。

石本:本当に一気に読めた。その最初の面白かったっていうイメージでちゃんとできるように頑張ってやってます。3人でやると脚本以上になっているところもあるし。楽しみです。あと、犬がいるだけでキツイなと思っても半減しますね。

渋川:それはそうですね。何か気持ちが楽になりますよね。

石本:渋川さん、一番セリフが多いから、毎日セリフを一生懸命やっているのを見ていますけど、でもあたるくんが来たら、セリフを覚えるのを1回止めて、絶対に散歩に行くんですよ。

渋川:そうですね。

石本:散歩行ってエサをあげて、うんこ取ってっていうのをやってから入っていくから、それがまたいい感じの力の抜け具合になっているのかなとも思います。

◆撮影を拝見しましたが、あたるくんが吠えたりということもありました。そういうときは常に臨機応変に?

渋川:合わせていますね。「どうした?あたる」って言ってから、またセリフに戻ったりとか。そのへんはあまり固めず。

大西:じっちゃんは急に歩かなくなったりするので、思い描いていた芝居とは全然動きになったりしますが、もう慣れですね。関係性はできてきています。

石本:僕は困るようなことは何にもないですね。うちのさちこ、本当に良い子なので。ちょっとここでテーブルに乗ってくれたらうれしいなって思ったら、乗ってくれたりとか。僕がやってほしいことを結構やってくれるんです。

「柴公園」
◆皆さん、うちの子が一番という感じですね(笑)。パートナー犬との相性は何%くらいになっていますか?そしてそれぞれ、ここがかわいいというポイントを教えてください。

渋川:相性かあ。俺は60%くらいかなぁ。うちの子のここがかわいいというのは、顔ですね。あたるの顔。俺は好きですね。ちょっと困った感じの顔というか。あとさっちゃんやじっちゃんは結構シュッとしてるのが、あたるは肉がある。そこがいいかな。

大西:いっちゃんは?

渋川:いっちゃんはかわいいよ。いっちゃんって、ちっさいのがいるんです。一郎って(「幼獣マメシバ」シリーズから登場する一郎)。あれはもう、すごいかわいい(笑)。

大西:僕は撮影が終わるときにちゃんと名残惜しい関係になれていればいいかなという感じです。言うこと聞くのもかわいいけど、思い通りにいかないのも猫みたいでかわいいなと思えてきたので。数字は難しいけど59%くらいかな。じっちゃんが可愛いのは顔ですね。あと犬なのに自由で気分屋なところがかわいいなと思います。

石本:僕はもう100に近くなってきてますけど。

渋川&大西:ははは。

石本:80くらいかな。撮影が終わるころには100を超えるかも。終わったらと思うと今から寂しくなっちゃいますもん。

渋川:さっちゃんは石本さんの言うこと聞いてますよね。

石本:僕は結構怒りますしね。

渋川:扱いが慣れてるんですよ。

大西:何か自信があるように見えます。僕なんかまだちょっと遠慮してるところがあるから。

石本:怒るときは口抑えてちゃんと怒りますしね。でも80%な理由は、たまにあたるパパのところに甘えに行くんですよ。

渋川:あー、ありますね。あたるも結構石本さんのところに行く。

石本:そのときにちょっと寂しく感じるときがあって。まああたるくんが僕のところに来てるからイーブンですけど(笑)。うちの子は言うこと聞くし、全部かわいいんですけど、じっちゃんパパとあたるパパがかわいがってくれているのを見ているのもかわいいし、うれしい。

「柴公園」
◆もう完全に自分の犬ですね(笑)。

大西:最初から、この子で良かったと思いました。

渋川:柴犬ってみんな似たような感じなのかなって思ってましたけど、今になると全然みんな性格も違うし、いろいろあるんだなと思いますね。

石本:今日のさちこかわいかったとかって思っちゃいますね。

大西:時間が押しているときに、ここは手綱だけ持って、じっちゃんはいる体で、みたいなことになったりすると、悲しい気持ちになりますね。

石本:分かります、分かります。

渋川:あと、段取りだとできていたのが、テストになったら飽きちゃったりすると、もったいないなと思いますね。

石本:この前、大西さんが「じっちゃんが歩かないんで、待ってください」ってスタッフさんに言ってて。すげー、じっちゃん待ちだ!って。僕はそういうの言えてないので、感動しました。

大西:だって、じっちゃんはメインキャストですよ。

渋川:あはは、そうだよね。

◆ピュアな存在のワンちゃんがいることで、人間のちょっとしたおかしみだったりが浮き上がってくるとても面白い作品だと思います。ナレーションも面白いですし。

渋川:ね、達観しているというか。すごく俯瞰的なことを言ってるなと思います。

石本:落語のまくらみたいな感じなんですよね。ナレーションが。そこから入っていく感じが、すごく心地いい。

大西:それと、それぞれに痛い思いや悲しい思いを経験して、人との距離感を推し量っている3人のおっさんが集まって、つかず離れずでありながらも信頼し合っていて。そういう部分が人間くさくて、すごく共感できるドラマだと思います。

「柴公園」
ドラマ「柴公園」
2019年1月10日(木)よりテレビ神奈川ほか全国10局以上で放送

<ドラマ放送局>
テレビ神奈川、仙台放送、TOKYO MX、とちテレ、群馬テレビ、テレ玉、チバテレ、KBS京都、サンテレビ、BS12 トゥエルビほか

映画「柴公園」
2019年6月14日(金)より全国のイオンシネマ・シネマート新宿ほか公開

渋川清彦
大西信満 ドロンズ石本 桜井ユキ 水野勝 松本若菜(映画のみ) 蕨野友也(ドラマのみ)
小倉一郎(ドラマのみ) 螢雪次朗(ドラマのみ) 山下真司 寺田農(映画のみ) 佐藤二朗

製作総指揮:吉田尚剛
ドラマ版監督:綾部真弥/田口桂
映画版監督:綾部真弥
企画・脚本:永森裕二
動物トレーナー:ZOO動物プロ
制作プロダクション:メディアンド
配給:AMGエンタテインメント
配給協力:イオンエンターテイメント

公式HP:http://shiba-park.com/

©2019「柴公園」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える