• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ひょっこりはん、バンドマン役でドラマ出演!「ボヘミアン・ラプソディ」で役作り

『私のおじさん~WATAOJI~』©テレビ朝日

©テレビ朝日

 ひょっこりはんが、岡田結実主演のテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『私のおじさん~WATAOJI~』((金)後11・15ほか)にゲスト出演。1月18日放送の第2話に登場する。

 過酷ロケバラエティのポンコツ新人AD・一ノ瀬ひかり(岡田)の心の声を、彼女にしか見えない自称「妖精」のおじさん(遠藤憲一)が毒舌で代弁するお仕事コメディ。ひょっこりはんが演じるのは、ひかりがコインランドリーで出会うバンドマン。悩めるひかりにあるひと言をつぶやき、後々大きな影響を及ぼすことになる役どころだ。

©テレビ朝日

©テレビ朝日

 同局の連ドラ初出演となったひょっこりはんは「今回のドラマが一番セリフが多かったので、オファーもうれしかったですし、ここは頑張らないと!という気持ちで臨みました」と気合十分で熱演。役作りのため「Queenを聞いて、映画『ボヘミアン・ラプソディ』も見て、ロックンロールの魂を持ってきました!」と明かし、「そんなロックの魂を込めた、僕の即興の歌は見どころ。台本に『ロック歌ってください』とあったんですけど、何歌うんだろうと思っていたら、『既存の曲は使えないので何か歌ってください』と言われ、それで奏でた“ひょっこりソング”です」とアピールしている。

<ひょっこりはん コメント>
 これまでのドラマに比べて、今回が一番セリフが多かったので、オファーもうれしかったですし、ここは頑張らないと!という気持ちで臨みました。初めてのバンドマン役ということで、(ロックバンドの)Queenを聴いて、映画『ボヘミアン・ラプソディ』も観て、ロックンロールの魂を持って来ました!そんなロックの魂を込めた、僕の即興の歌は見どころです。台本に「ロック歌ってください」とあったんですけど、何歌うんだろうと思っていたら、「既存の曲は使えないので何か歌ってください」と言われ、それで奏でた“ひょっこりソング”です。

 ロックな“ひょっこりソング”からの、いつものひょっこりを見ていただけたらうれしいです。頑張って演技もしました! 

 岡田結実さんは、なぜか僕のことを本名で呼んできたりして、撮影中は気が散りましたけど(笑)、スチール撮影のときにはいっぱいひょっこりをやってくれて、とても楽しく撮影ができました!

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真