• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

野村周平とバスタオル一枚の桜井日奈子がプールで急接近…『僕の初恋をキミに捧ぐ』1・19スタート

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 野村周平が主演するテレビ朝日系土曜ナイトドラマ『僕の初恋をキミに捧ぐ』((土)午後11・15 初回は11・30)が、1月19日にスタートする。

 漫画家・青木琴美の人気コミックが原作。20歳まで生きられない心臓の病を抱える高校生・垣野内逞(野村)と彼を一途に愛する幼なじみ・種田繭(桜井日奈子)が、迫りくるタイムリミットに悩み苦しみながらも、必死で運命に抗う姿を描く。

 新たに公開された第1話の場面写真には、プールでずぶ濡れになった制服姿の逞がバスタオル一枚の繭を抱き寄せる姿が。発端となったのは、繭が弓道部の練習後、シャワーを浴びている間にロッカーからある“大事なもの”が盗まれたこと。慌てた繭は体にバスタオルを巻き付けただけの姿で廊下を疾走し、その大事なものが放り込まれたプールに飛び込む。泳げない繭を心配し、逞も駆け付けて…。

 このシーンの撮影ではほぼ半日、水の中にいた野村と桜井。カットがかかるとプールから温水が出るジャグジーへ移動し、出番が来ると再びプールに戻る…という動きを何度も繰り返し、体力を奪われながらも演じきった。一方、スタッフは繭の“大事なもの”がなかなか水面に浮かばず四苦八苦。試行錯誤の末、小さな発砲スチロールを大事なものの下に仕込ませたところ、どうにかうまくいったという。キャスト・スタッフが一丸となって作り上げたドキドキのシーンに注目だ。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える