• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“庶務行員”高橋克典が巨悪に斬り込む!『多加賀主水』シリーズ第2弾

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 高橋克典主演のテレビ朝日系ドラマスペシャル『庶務行員 多加賀主水が悪を断つ』が、2月10日(日)午後9時から放送される。

 作家・江上剛の同名小説が原作で、2017年10月放送の『庶務行員 多加賀主水が許さない』に続く第2弾。高橋は、銀行の庶務行員に臨時採用された多加賀役。類まれな問題解決能力とどんな相手にもひるまない強い正義感の持ち主で、組織の悪事を見逃せず、多種多様な職業を渡り歩いてきた役どころだ。

 今作では、多加賀が「父親を銀行に殺された」と訴える小学生・大樹(寺田心)と出会い、一家の再生のために奔走。調査を進めるうち、神社につるされた5円玉に秘められた悲しい出来事と、事件の背後に潜む巨悪を暴いていく。

 高橋は「引き続き、多加賀主水のキャラクター作りができるのはうれしかったですね」と喜び、「2時間ドラマファンの皆さんに楽しんでいただけるよう、刑事と銀行マンの間を行ったり来たりするようなキャラ作りを試みました」と説明。脚本にはなかった殺陣シーンも自ら提案して熱演し、「今回は第1弾よりも、さらに濃い内容でお楽しみいただけるかなと思っています」と自信をのぞかせた。

 共演は夏菜、加藤雅也、笹野高史ら。

<高橋克典コメント>
――第2弾のオファーを受けたときの心境は?
 引き続き、多加賀主水のキャラクター作りができるのはうれしかったですね。前回の放送は日曜の朝だったので爽やかさを意識して演じたのですが、今回のオンエアは夜。事件をメインに据えたストーリーに仕立て、2時間ドラマファンの皆さんに楽しんでいただけるよう、刑事と銀行マンの間を行ったり来たりするようなキャラ作りを試みました。

――多加賀主水という役柄について
 彼はいろいろあって放浪の旅に出ていたところ、たまたま銀行に雇われたんです。銀行という看板を背負っているわけではないから、とても自由。達観もしていますが、でも人間としていちばん大事にしているところはひとつ。そういう“温もり”のある男ですね。
 原作を読むと、主水は元刑事という過去もあって、漁師や林業にも携わっていた多彩な経歴の持ち主。前回は、わりと素性を隠すように演じたのですが、今回はそういった過去も押し出して、第1弾よりも主水のキャラをハッキリ描いています。また行員なので清潔感を大事にしようと思い、60年代のアメリカドラマ『バークにまかせろ』のようなスキッとしたスーツの着こなしを心掛けました。

――立ち回りシーンの秘話を教えてください!
 エンターテインメント作品として楽しんでいただけるよう、原作にはないシチュエーションをプラスして立ち回りも入れることにしました。しかも時代劇と同じ立ち回りをやろう、ということに…! 今回は第1弾よりも、さらに濃い内容でお楽しみいただけるかなと思っています。

――寺田心くんとの共演はいかがでしたか?
 ものすごく芝居がうまくなっていてビックリしました。以前は“子役の芝居”という感じがしたのですが、研究しているというか、一辺倒だった子役の演技から、完全に抜け出た感じがしました。いや、末恐ろしいですよ(笑)。
 心はまだ10歳だけど中身は大人なので、「ちょっとお話していいですか?」とか「隣りに座っていいですか?」とか言いながら、コミュニケーションを取りに来るんですよ。僕の息子と同い年なので隣りに座っててもまったく違和感がなくて…和ませてもらいました(笑)。

――視聴者の皆さんにメッセージを!
 2時間ドラマが少なくなっている昨今ですが、事件の謎解きはもちろん、親子愛も描かれ、日本の2時間ドラマの王道を目指した作品です。ファンの皆さんがご覧になって、懐かしさを覚えたり、ホッとした気持ちになってくださったらうれしいですね。