• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

極楽・加藤浩次、山本裕典にエール「ここからは胸張って仕事していこう」

『極楽とんぼKAKERUTV』
 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で1月31日に放送された『極楽とんぼKAKERUTV』#76に俳優の山本裕典がゲスト出演した。

『極楽とんぼKAKERUTV』
 山本は芸能活動を一時休止し、2018年12月に復帰を発表。番組冒頭、山本は視聴者に対し「私、山本裕典はこの春から俳優業、タレント業を本格的に復帰したいと思います」とあいさつ。その後、加藤浩次が「復帰の理由」を尋ねると「舞台、CM、映画のオファーがありまして、これもタイミングかなと思いました」と答えた。

「いつ頃から(復帰を)考えてらっしゃったんですか?」という質問には「復帰しようとは考えてなかったけど、お話を頂いて何かの縁かなと思いました」と説明。さらに、加藤が「過去の女性問題など、黒い部分が多かったので芸能界から去ることになったと聞いてるんですけど」と掘り下げた質問を投げかけると「僕自身は黒いと思ってなくて。そこには恋愛があったので、決して法に触れるようなことがあったわけではないです」と正直に回答した。

『極楽とんぼKAKERUTV』
 番組では、加藤が弁護士役となり、山本にまつわる“女性スキャンダル問題”について、山本を無理やり正当化し、裁判に勝訴させる企画「スキャンダル専門弁護士カティーン」を実施。企画概要を聞いた加藤は、思わず「俺、彼を弁護するの嫌なんだよ」と答え、「山本君を弁護すると、俺がそういう考えなんだって思われるじゃない。それをね、ネットニュースに書かれて『加藤もこういう人間だ』『山本2人はどうしようもないやつだな』って(笑)」とその理由を説明し、スタジオの笑いを誘った。

 スタジオには山本とプライベートでも仲が良いカラテカの入江慎也が原告役として登場。山本に対し「復帰は早すぎる」という入江は、その理由として“女性が好き過ぎる”と説明。「人目を気にせず、堂々と女性をお持ち帰りする」「昔と変わらず今もチャラい」など、さまざまなエピソードを暴露した。

『極楽とんぼKAKERUTV』
 さらに、証人役として山本のプライベートをよく知るという女性も登場。「すごいチャラいノリだった」「目の前で女性をお持ち帰りしていた」という具体的な証言が続く中「女の子とかと飲み会をしているときに、(山本の)彼女から私に連絡が来て『今裕典君なにしてるか知ってる?』って聞かれるから『連絡来たよ』って言ったら『適当に嘘ついといて』って私に嘘をつかせる」というエピソードが明かされた。すると、それまで表情を崩さず弁護をし続けていた加藤も、思わず苦笑いを見せた。

『極楽とんぼKAKERUTV』
 裁判は続き、入江は「山本裕典さんは飲みの席で、先輩芸人と大げんかした」と明かし、そのけんか相手のザ・パンチのパンチ池崎が登場。お酒の場での山本の言動に対し注意したところ「あんた誰?」と言われ、けんかになったという。山本は「下手したら殴り合いになるくらいまでけんかしたんですけど、それでもう会わないんだったら、それでいいと思ってた。でも、必ず会うと思ってたから、お互いに謝り合って、今ではいい関係を築けているので」と説明した。

 最後に、山本は「僕は女性が大好きです。入江さんがいろいろ言うけど、僕にとってはみんな本当にかわいいし、本当に結婚しようとも思ってた」と明かし、復帰後のテレビ初出演についても「楽しかったです。ずっと心の中にある『言わなきゃ』っていうモヤモヤもあったので、この場を借りて言えたことに感謝しています」と語った。

 そんな山本に対し、視聴者からは応援コメントが殺到。加藤は「視聴者の皆さんも『山本君は悪くない』って言ってるんだから、ここからは胸張って仕事していこう、どんどん頑張ってほしい」とエールを送った。

AbemaTV『極楽とんぼKAKERUTV』#76
放送日時:1月31日(木)後9時~10時(生放送)
放送チャンネル:AbemaSPECIALチャンネル

出演者:極楽とんぼ
コメンテーター:向井慧(パンサー)
ゲスト:山本裕典、入江慎也(カラテカ)、パンチ池崎(ザ・パンチ)

過去放送URL:https://abema.tv/video/episode/90-490_s0_p76

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える