• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

横浜流星が鍛え抜かれた肉体美を披露!『初めて恋をした日に読む話』第5話2・12放送

©TBS

©TBS

 2月12日(火)放送の『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)第5話で、横浜流星演じる由利匡平が鍛え抜かれた肉体美を披露する。

 持田あきによる同名漫画が原作。恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子が、タイプの違う3人の男性からアプローチされるラッキー・ラブコメディ。永山絢斗、横浜流星、中村倫也らが演じる男性陣が順子(深田恭子)にそれぞれアプローチする。

 四角関係の恋愛模様はもちろんのこと、物語のもう一つの軸となっているのが、順子の教え子・匡平の東大受験。順子と二人三脚で東大合格へ向けて勉強に励む匡平。前週放送の第4話で見せた王子キャラも話題となった。

 また、どんなにアプローチをしても気が付かない超鈍感な順子に「先生、俺にもご褒美ください」ともたれかかるシーンは女性視聴者たちのハートをがっちりとつかみ、“ゆりゆり”がYahoo!リアルタイム検索の検索ワードランキング1位となり、Twitterでも“横浜流星”と“ユリユリ”がトレンド入りを果たした。

 第5話では、参考書を取りに順子の自宅へ向かう順子と匡平が、自宅近くで順子の母親・しのぶと遭遇する。しのぶは匡平を見るや否や順子に辛らつな言葉を浴びせ、順子は匡平を守るため、しのぶに声を荒げる。その様子を目の当たりにした匡平は、順子を心配するあまり初めて順子に電話を掛ける。

 その中で、横浜は鍛え抜かれた肉体美を披露。横浜は中学3年生の時に「国際青少年空手道場選手権大会」で優勝し、“極真空手世界一”の称号を持つ正真正銘のスポーツ男子。その類いまれな運動神経で『仮面ライダーフォーゼ』『烈車戦隊トッキュウジャー』で華麗なアクションシーンも披露している。

 端正な顔立ちからは想像ができないほど鍛え抜かれた筋肉を本作で披露するのは、お風呂上がりに落ち込んでいる順子へ電話をかけるシーン。短いシーンながらも、順子を気遣う言葉と横浜の美しい肉体に注目だ。

<第5話あらすじ>
塾の強化合宿最終日、インフルエンザにかかった順子(深田恭子)と匡平(横浜流星)は雅志(永山絢斗)の会社の保養所の隔離部屋に避難させられる。様子を見に行った雅志は手をつないで眠る二人を見てしまい、つい同じ部屋で一夜を過ごしてしまう。その後雅志はインフルエンザがうつり、自宅で床にふせていた。
変わらず超鈍感な順子は雅志がなぜ隔離部屋にわざわざ泊まったのか考えることもなく、合宿中の匡平の順子への態度や行動は、全て美和(安達祐実)のいたずらだと思い込んでいて、匡平の本心には全く気付いていない。
全国統一模試が近づき、順子は匡平の理系科目を強化すべく雅志の部屋を訪ね、協力を求めることに。順子からの連絡に心を躍らせる雅志だったが、玄関の扉を開けると順子と匡平の姿が…。事情を聞いた雅志は多少腹を立てながらもついアドバイスしてしまい、協力する流れに。順子から感謝され複雑な思いの雅志。
一方、妻との離婚に悩み弱気になっていた山下(中村倫也)は、偶然順子と出くわし半強制的に飲みに連れていく。そして、すっかり泥酔した順子を家まで送った山下は…。

『初めて恋をした日に読む話』
TBS系
毎週火曜 後10・00~11・07

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える