• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

屋良朝幸「とんでもなく難しい」主演ミュージカル「Red Hot and COLE」3月上演

211108_01_R
 屋良朝幸主演ミュージカル「Red Hot and COLE」の制作発表が行われ、屋良をはじめ、出演者の矢田悠祐、吉沢梨絵、彩乃かなみ、木内健人、真瀬はるか、彩吹真央、鈴木壮麻と翻訳・演出を務める小林香が登壇した。

 本作のミュージカルは、ブロードウェイで活躍し、アメリカのポピュラー音楽史に多大なる足跡を残したソングライターと、その名曲を紹介するシリーズ「ブロードウェイ・ショウケース」の第3弾。1920~50年代に活躍した作詞作曲家のコール・ポーターの生涯をコール本人の楽曲、全26曲でつづる。

 主人公、コール・ポーターを演じる屋良は、楽曲を歌ってみて「とんでもなく難しいですね。コール・ポーターが経験してきた性格とか人生が歌詞、メロディーになっていて(歌っていて)気持ちよくないときもあるのですが、気持ちよくないところがコール・ポーターの良さだと気づいてきて。難しいけどそういうところも理解して演じていくのが新しくて面白いです」と。さらに、「これまでに共演させてもらった方々が多いので安心感がある中で、また皆さんで新しいものを作って素晴らしい作品ができればと思います」と意気込みを語った。

 映画「スター誕生」を描いた劇作家モス役などを演じる鈴木は、稽古をして「ドラマチックで、リズミカルで、物悲しげな楽曲にまみれながらすごく難しい緻密なコーラスワークにダンスを踊る、かなりレベルの高いことをやりながら役者として楽しみ、もだえ苦しみながらわくわくする瞬間です」と独特の表現で喜びを。

 大物コラムニスト・エルザ役などを演じる吉沢は「少人数でいろんな役を演じ分けるスタイルは脇がいろんな彩を添えることでコール・ポーターが見えてくるようにするために、本当にいろんなことを試行錯誤しながらキャラクターを作っています。見ている方がびっくりするくらいみんなが変わると、屋良君が1人演じていくコール・ポーターが軸として際立ってくる気がします。今回初めて屋良君がコーラス稽古を付き合ってくれませんかと言ってくるくらいコーラスが難しくて、本当に頑張りたいなと思っています」と稽古の様子を交えて意気込みを語った。

ミュージカル「Red Hot and COLE」
東京公演
銀座 博品館劇場 3月1日(金)~17日(日)

大阪公演
森ノ宮ピロティーホール 3月21日(木)

静岡公演
富士市文化会館ロゼシアター 大ホール 3月24日(日)

愛知公演
刈谷市総合文化センターアイリス 大ホール 3月27日(水)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える