• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

鈴木奈々が「まつ育アンバサダー」“茨城大表”に立候補

 まつ毛美容液「スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュ」の累計売上本数100万本を記念して始動する「ニッポンまつ育計画 発足イベント」が都内で行われ、イメージキャラクターの渡辺直美とモデルの近藤あやが“まつ毛の妖精”姿で登場した。

 美容液が100万本突破したことについて渡辺は「たくさんの女子たちから、うれしい声を聞けて、会長としては本当にうれしい!」と喜んだ。

 近藤は初出演となったCMについて「渡辺直美さんが終始優しい対応で場を和ませてくれた」と。さらに、「バス編」での撮影は「後ろを振り返ると直美さんが、CMのような面白い表情をしてくれたので、笑いをこらえるのが大変なくらいとても楽しく撮影できた」と撮影を振り返った。

 イベントには、応援大使として鈴木奈々も登場。渡辺と近藤の衣装を見て、大爆笑で「今まで、スカルプDボーテ ピュアフリーアイラッシュを愛用していたので、今回このイベントに出演できて本当に光栄です。私もこれ着たい!」と大はしゃぎ。「普段、すっぴんでいることもあるのですが、すっぴんの時は本当にまつ毛が盛れないとダメ。つけまは毛が抜けやすいのであまりよくないですよね」としっかり商品もPRした。

 鈴木はタスキの裏面の異変をMCに指摘されると「茨城のアンバサダーになりたすぎて勝手に書いてしまった」と勝手にまつ育アンバサダーの「茨城代表」への立候補を発表。しかし「茨城代表」を「茨城大表」と書いてしまうという鈴木らしい間違いをツッコまれ、会場は笑いに包まれた。

 鈴木は「茨城の女子はすっぴんが多いのでまつ育は絶対にしたほうがいい!そのほうが、きっと彼とか旦那さんも喜んでくれると思う!」と茨城県民に呼びかけた。

 最後に、3人は「みんなにまつ育を広めていきたい!!頑張ります!」と意気込みを見せた。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える