• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

よゐこ濱口「北山猫ちゃんに頬ずりしたい!」北山宏光主演『トラさん』SP映像&著名人コメント到着

映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」
 2月15日(金)公開の北山宏光(Kis-My-Ft2)初主演映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」から、新出しシーンを含むスペシャル映像が解禁。また、著名人からのコメントも到着した。

 本作は、板羽皆によるシュールな世界感と温かいストーリーの漫画「トラさん」を実写化。主人公の寿々男(トラさん)で“猫”を演じるのは北山。その寿々男の妻・奈津子は、多部未華子、2人の娘・実優役は平澤宏々路が演じる。さらに、飯豊まりえ、富山えり子、要潤、バカリズムと個性豊かなキャスト陣が集結する。主題歌は、作詞に藤井フミヤ、編曲に亀田誠治を迎え、Kis-My-Ft2が歌う「君を大好きだ」。

映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」
 解禁された映像は、藤井フミヤが作詞を手掛け、Kis-My-Ft2が歌う主題歌「君を大好きだ」にのって、猫=トラさんの姿になった寿々男(北山)が、時にコミカルでキュートに、時に切なく、本作の見どころがぎゅっと詰まった映像となっている。また、北山演じるトラさんの新カットもお披露目されている。

<著名人コメント>
■吉田大八(映画監督)
猫でも幽霊でもロボットでも、そのまなざしを人っぽく感じてしまうのは僕らが人間だからに違いない。
つまり、これは人間ドラマです。

■鈴木おさむ(放送作家)
正直、キスマイの北山君が出ていなければ、この映画を見ていなかったと思う。だから思う。北山君。
この映画に出会わせてくれてありがとう。普通って凄い。普通って奇跡。毎日の当たり前に感謝。泣いたなー。

■ロバート・秋山竜次(お笑い芸人)
明日から近所の猫たちに全力で話しかけると決めました。笑って感動して、まさかあのまま進んでいくとわ!
最高でした。豚のお話の際は是非僕にオファーを。

■emma(モデル)
何気ない毎日がどれだけ幸せかということに気づかせてくれる心温まる映画でした。
観終わったあと自分の家族に「いつもありがとう」と伝えなきゃと思いました。

■有村昆(映画パーソナリティ)
ズバリこの映画の成功の鍵は北山宏光さんにあり!
可愛くコミカルに演じれば演じるほど、後半の切なさが際立ち号泣。やられたっ!

■よゐこ・濱口優(お笑い芸人)
笑い合える喜び、家族を持つ責任をまさか北山の作品から学ぶとは!
最高でした!全力で北山猫ちゃんに頬ずりしたいです!!

■爆笑問題・太田光(お笑い芸人)
お~い、北山ぁ!いい“笑い”やってるニャぁ~!

■爆笑問題・田中裕二(お笑い芸人)
「オイオイ北山くん、猫になって何やってんだよ」なんて笑って観てると大変です。
後半かなりやられます。ご注意を!

■棚橋弘至(プロレスラー)
家族の方が言えないことってたくさんあって。
「トラさん」を観て決めた。朝は「愛してま~す」からはじめよう。

■キャイ~ン・天野ひろゆき(お笑い芸人)
ロケバスで丸くなって寝ている北山君をよく見ますが、理由が分かりました。
北山君はネコだったんだね。

■shin5(文筆家)
小学生の娘をもつ父親としてグッとくるシーンがあったり、家族の温かさを感じる描写がたくさんあって、笑って泣いて、大切な人に会いたくなりました。

■ヒョーゴノスケ(イラストレーター)
同じ年頃の娘がいるせいか見事に大号泣でした!北山宏光さんの演技が上手すぎて北山宏光さんが本当にダメ男に見えてきた(本当は違うと思いますが…)

■かわいちひろ(イラストレーター)
のほほんとしたお話かと思ってたら予想外に何回も泣いてしまって、原作の漫画も是非読んでみたい……凄く優しく暖かい話でした、親子でも誰とでも楽しめると思います

映画「トラさん~僕が猫になったワケ~」
2月15日(金)全国ロードショー

出演:北山宏光、多部未華子、平澤宏々路、飯豊まりえ、富山えり子、要潤、バカリズム
原作:「トラさん」板羽皆(集英社マーガレットコミックス刊)
監督:筧昌也
脚本:大野敏哉
音楽:渡邊崇
主題歌:Kis-My-Ft2「君を大好きだ」(avex trax)
配給:ショウゲート

公式サイト:torasan-movie.jp

©板羽皆/集英社・2019「トラさん」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える