• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画「ソローキンの見た桜」新場面写真&主演・阿部純子のコメント到着

映画『ソローキンの見た桜』
 3月22日(金)公開の映画「ソローキンの見た桜」より、新場面写真が解禁され、主演の阿部純子のコメントも到着した。

 日露合作プロジェクトとなる本作は、日本で初めてロシア兵捕虜収容所が設けられた愛媛県の松山を舞台に、運命的に出会ってしまった日本人看護師とロシア将校の二人を中心に、歴史に翻弄された人々を描いた心揺さぶる感動のドラマ。

 主演の日本人看護師役を阿部純子が演じ、斎藤工、イッセー尾形、ロシアからロデオン・ガリュチェンコ、アレクサンドル・ドモガロフが出演する。監督は、初長編作を自主制作ながらロシア人俳優を起用してロシアで撮影し、話題を呼んだ新鋭・井上雅貴。

 解禁されたのは、阿部純子演じるテレビディレクターの桜子が、斎藤工演じる先輩ディレクターと共にロシアを訪れる現代パートとの新場面写真。自らのルーツを追ってロシアの地を訪れる桜子の姿が写し出されている。

<阿部純子コメント>
『あの人との出会いがなければ、今の自分はなかった』
こんな想いは、誰もが持ち合わせられるものなのでしょうか?
日露戦争の最中、ロシア人と日本人との間で生まれたひとつの恋。
やさしさがやさしさを生む、その連鎖を信じたくなりました。

ふたりの恋愛は、決して幸福に包まれているだけのものではなかったけれど、たくさんのロシア人と日本人に支えられ…。
そのおかげで、時代も国境も超えて、ふたりは愛を育むことができました。

自ら演じているうちに、私自身もこの物語の主人公、ユイのように、凛と生きてゆきたいと思いました。

「ソローキンの見た桜」
3月22日(金)角川シネマ有楽町ほか全国ロードショー
3月16日(土)愛媛県先行ロードショー

<STORY>
2018年、駆け出しTVディレクターの桜子(阿部純子)は、ロシア兵墓地の取材を皮切りにロシアに行くことが決定していたが、興味を持てずにいた。しかし祖母(山本陽子)から自身のルーツがロシアにあることを知り、さらにロシア兵と日本人看護師の、二人の日記を紐解いていくうちに衝撃の事実を知ることに??
日露戦争時代、傷ついたロシア兵将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の手当てをすることになったゆい(阿部純子、二役)。日本はハーグ条約を遵守し、ロシア兵捕虜はアルコールの購入や外出などの自由が許されていた。兄弟を戦争で亡くしたゆいは、ソローキンを憎みながらも
いつしか惹かれ、愛し合う。だがソローキンが捕虜になったのはある密命のためだった。ロシア革命に参加する為、収容所を脱走しロシアへ帰ることにしたソローキンは、ゆいも一緒に連れて帰ろうとするが・・

監督・脚本・編集:井上雅貴

<出演>
阿部純子、ロデオン・ガリュチェンコ
山本陽子(特別出演)、アレクサンドル・ドモガロフ、六平直政
海老瀬はな、戒田節子、山本修夢、藤野詩音、宇田恵菜、井上奈々、杉作J太郎
斎藤工、イッセー尾形

配給:KADOKAWA

公式HP:https://sorokin-movie.com/

©2019「ソローキンの見た桜」製作委員会

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える