• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

明日花キララ、セクシーシーンの秘話明かす「どエロな感じが出ちゃった」『アイアンガール FINAL WARS』公開

『アイアンガール FINAL WARS』
 明日花キララ主演のアクション映画『アイアンガール FINAL WARS』の初日舞台あいさつが行われ、明日花、青柳尊哉、天木じゅん、仁科貴、平塚千瑛、藤原健一監督、けーすけ(MC)が登壇した。

 主人公・早乙女クリス役を演じた明日花は、満席で初日を迎えた感想を聞かれ「『アイアンガール』はどの作品よりも愛着がある作品で、うれしさと同時に、『アイアンガール』が本当に終わっちゃうんだなぁ、もうアイアンスーツを着れなくなっちゃうんだなぁという思いがあります。2012年よりクリスと共に明日花キララも成長してきたと思うので、そこに注目していただけたらと思います」と語った。

 葛木ジョー役を演じた青柳は「満員のお客さんの前で、楽しい時間を過ごせたら」とあいさつ。サラ役を演じた天木は「とっても胸がいっぱいで、胸が大きくなっちゃった~!」と胸を寄せ、会場は大爆笑。「映画の中ではボインを出しているシーンは私はないので」と露出度の高い服でアピールした。

 敷島リュウ役を演じた仁科は「僕も細々と本当にたくさんの作品に関わらせていただいているんですけれど、こんなに盛大に初日を迎えられたことはそんなになく、今日は最後まで楽しんでください」と。

 キャンディ役を演じた平塚は「メインの方々にいっぱい話していただきたいので、これで終わりにしたいと思います」と遠慮がちにあいさつ。

 藤原健一監督は「2作目からこのシリーズを監督したんですけれど、満員で初日を迎えられて、感無量です」と喜びを語った。

 3作続けて鋼鉄の女戦士・クリス役を演じた明日花は、本作が前2作と違った点について「前2作ではクリスは感情がなかったんですけれど、今回、クリスにも愛があったんだなと思いました。クリスはずっと自分探しの旅をしてきたんですけれど、自分が何者なのか分かった時に、相手が愛ゆえに下してしまった決断というのに私は心が痛み、監督に一番良かったねと言ってもらえたシーンなので、そこに注目してみていただけたらなと思います」と語った。

 青柳とのセクシーなシーンの撮影秘話を聞かれた明日花が「本当は初日だったんですよね?絶対無理だなと思っていたんです」と振ると、青柳も「(助監督が)とんでもない香盤(スケジュール)を書くなと」と同意。明日花は「でも、最後の方に持って行ったんで、どエロな感じが出ちゃったな。注目です」と話した。

 自警団「レジスタンス」隊員の葛城ジョー役で本シリーズに初出演した青柳は、「1、2とは全然毛色の違う話で、やり方を自分たちで積み上げていければ(と思った)」と話し、「ガンアクションは非現実なので、信ぴょう性、真実味に神経を使った」とこだわりを明かした。

 謎の少女・サラ役の天木は「完パケは家で15回くらい見ました!1と2も良かったんですけれど、ストーリーがいいので、間違いなくこの『FINAL WARS』が抜群にいいと思います!」と語り「今後やりたい役は?」と聞かれても「もう1回サラ!大好き!」と即答した。

 そんな天木について明日花は「誕生日のサプライズをしてくれた」と撮影時のエピソードを披露。クランクアップの日が明日花の誕生日で、アクション監督ら、クランクアップ前に出番を終えたスタッフも残って祝福してくれたことを明かした。

 自警団「レジスタンス」第九地区隊長役の仁科は「明日花さんと天木さんの魂のぶつかり合いにボロ泣きした」と告白。さらに、舞台あいさつでMCを務め、本作にも出演したけーすけが初号試写の上映後に天木も号泣だったことを暴露した。

 藤原健一監督が「僕の中では続きがありそうな感じがあるんですけれど…」と話すと、けーすけは「映画会社の方に『INALは嫌だ。もっと続けたい』ってなんで言ってくれなかったんですか?」と抗議。すると、明日花が「私がお金を払います!そうしたらもうちょっとできます?」と名乗りをあげ、会場からは大拍手が沸き起こった。

 明日花と藤原監督は、2011年の『女囚701号 さそり外伝』からの付き合い。明日花がが「私がまだ22歳くらいのペーペーだった時から」と話すと、藤原監督は「あの頃がペーペーだったとは思えないですね。存在感があった」と振り返った。

 また、藤原監督は、第3作を作るにあたり「『2』の評判が良かったので、それを超えるにはどうしようと、プロデューサーと僕と脚本家の村川(康敏)さんとで結構何回も打ち合わせた」と舞台裏を告白。明日花は「『FINAL』から見ても全然楽しめる内容です」とアピールした。

 最後に、明日花は「見ていただき、何か一つでも皆さんの心の中に爪痕を残せたらと思います。SNSで広めてくださったら、もっともっと多くの映画館で上映できるかなと思うので、ご協力をお願いします!」と呼びかけた。

『アイアンガール FINAL WARS』
映画『アイアンガール FINAL WARS』
公開中

<あらすじ>
時は20XX年、日本にはサイボーグが日常に溶け込んでいた。
人間は地球防衛のために人工知能JUDA(ユダ)を開発。経過は順調に思えた矢先、なんとJUDAが人間を襲い始めた。理由は、人間が核戦争を起こそうとしたことにあった。核戦争が地球を破滅に追いやる、それを企てる人間こそが地球の敵なのだと、JUDAは見なしたのだ。この人間VSサイボーグの戦いは、日本を壊滅的な状況にまで追いやった。そこに目をつけた軍事企業「4thダイアモンド」は、自らの利益を上げるために「超大量破壊兵器」の開発に乗り出した。その秘密兵器は完成を目前にしてテロ組織「アルカロイド」に奪われてしまう。完成すれば連合軍と最終戦争に陥る危険を察知し、自警団「レジスタンス」が立ち上がった。
そんな中、一部の人間が、亡き後に殺人兵器に改造されてしまう。そのサイボーグたちは皆一切の記憶を消されていた。
早乙女クリス(明日花キララ)も、その一人だった……。記憶をたどり戦い続けるしかないクリス。ある復讐のためにクリスの命を狙う最強サイボーグと化したダイアナ(赤井沙希)も、同じだった。レジスタンス隊員の葛城ジョー(青柳尊哉)が、二人を救おうともがくが……。そんな戦いの最中、クリスは運命的な出会いを果たす。その相手は謎の少女サラ(天木じゅん)。
出会う前から、二人は不思議と心を寄せ合っていた。しかしそのサラこそが、「超大量破壊兵器」であるSARAだったのだ……。

出演:明日花キララ、赤井沙希、青柳尊哉、天木じゅん、龍坐、けーすけ、亜紗美、仁科貴、ハヤテ、平塚千瑛、春田純一 他

監督:藤原健一
脚本:村川康敏
アクション監督:柴原孝典
主題歌:明日花キララ「Hikari」
制作プロダクション:ユニオン映画
制作協力:ANGLE
アクション協力:オフィスワイルド
配給・宣伝:渋谷プロダクション
「IRON GIRL FW」製作委員会(ユニオン映画 クレイ オールインエンタテインメント プラステス ワコー)

公式サイト:http://irongirl-fw.com/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える