• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

日本の少年少女の“毛”の悩みにイタリア人の反応は!?「スイートプールサイド」映画祭出品

「スイートプールサイド」メインビジュアル (C)2014松竹株式会社

 須賀健太、刈谷友衣子出演の青春剃毛映画「スイートプールサイド」が“WA! Japan Film Festival”(旧フィレンツェ日本映画祭)のクロージング作品に決定した。

「惡の華」の人気漫画家・押見修造の初期傑作を「アフロ田中」「自分の事ばかりで情けなくなるよ」などで注目された若手監督・松居大悟が実写化した、毛のない男の子と毛深い女の子の青春剃毛映画「スイートプールサイド」が、松竹メディア事業部配給にて“WA! Japan Film Festival”(旧フィレンツェ日本映画祭)とは、日本映画のさらなる普及と魅力ある本当の日本文化を伝えるための映画祭で、イタリアで唯一邦画に特化したイベント。今年で4回目を迎え、フィレンツェ(5月8日~11日上映)、ミラノ(5月13日~15日上映)で開催され、映画祭終了後には観客の投票による「観客賞」の発表がある。

 この映画祭に招待された松居大悟監督は「この作品がミラノでワールドプレミア上映されることが嬉しいです。初めて見せるのがヨーロッパの皆様だとは思ってもませんでした!日本の少年少女の、どんな世界情勢よりも切実な、彼らにとっての『小さすぎて大きすぎる悩み』を感じてモヤモヤしていただければ幸いです。笑っていただいても泣いていただいてもOKです」と喜びのコメント。

 映画「スイートプールサイド」は6月14日(土) 新宿ピカデリーほかロードショー。

“WA! Japan Film Festival”スイートプールサイド上映情報
【上映日時】現地時間5月15日(木)20:30~
【会場】イタリア・ミラノCinema Apollo

「スイートプールサイド」(sweetpoolside.jp
<ストーリー>
男子なのに毛が生えないことに悩む高校1年生・太田(須賀健太)は同じ水泳部の毛深い女子・後藤綾子(刈谷友衣子)をひそかにうらやましく思っていた。
ある日の放課後、部室で綾子に呼び止められた太田は、とんでもないお願いをされてしまう。
「太田くん…私の毛を剃ってくれない?」
毛に悩むふたりのヒミツの関係がこの瞬間からスタートした…。

原作:押見修造(講談社刊)
監督・脚本:松居大悟
主題歌:モーモールルギャバン「LoVe SHouT!」(ビクターエンターテインメント)
出演:須賀健太、刈谷友衣子、松田翔太、谷村美月、木下隆行、荒井萌、落合モトキ 他
配給:松竹メディア事業部

公式Facebook:https://www.facebook.com/sweetpoolside
公式Twitter:@sweetpoolside

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える