• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

黄川田将也・渋江譲二・沢井美優が『リュウソウジャー』でスーパー戦隊シリーズ初出演

(C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映

(C)2019 テレビ朝日・東映AG・東映

 テレビ朝日系『騎士竜戦隊リュウソウジャー』(3月17日スタート(日)前9・30)の初回に、黄川田将也、渋江譲二、沢井美優が特別出演する。

 スーパー戦隊シリーズの43作目で、「恐竜」と「騎士」がモチーフ。メンバーはリュウソウレッド/コウ(一ノ瀬颯)、リュウソウブルー/メルト(綱啓永)、リュウソウピンク/アスナ(尾碕真花)、リュウソウグリーン/トワ(小原唯和)、リュウソウブラック/バンバ(岸田タツヤ)の5人で、凶悪な「ドルイドン」から地球を守るため相棒の騎士竜とともに戦いを繰り広げる。

 黄川田、渋江、沢井は“マスター”と呼ばれる師匠役。3人ともスーパー戦隊シリーズは初出演だが、仮面ライダーシリーズとは縁があり、黄川田は映画「仮面ライダーTHE FIRST」や「仮面ライダーTHE NEXT」、渋江は『仮面ライダー響鬼』や映画「劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼」、沢井は映画「仮面ライダー×仮面ライダー W&ディケイド MOVIE大戦2010」にそれぞれ出演。また、3人の共演はドラマ『美少女戦士セーラームーン』以来、約16年ぶりとなる。

 黄川田は「3人が集まるのは16年ぶり!? またこうして集まることができて嬉しかったです」と大喜びし、「マスターとして重みのあるヒーローを演じられたら。そしてレッドを演じる一ノ瀬颯くんが本物の弟子の様にかわいいので、皆様と一緒に彼の成長を見守って行けたらと思います」とコメント。

 渋江は「今回の俳優さんと監督のやりとりを見て、俳優としての基礎を学んだ自分自身の一年を思い出し、改めて身が引き締まる思いでした」、沢井は「私の人生で、まさか二度も変身して戦うことができる日がくるとは夢にも思いませんでしたが…こんな機会をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです」と語っている。

<黄川田将也 (マスターレッド役) コメント>
 プロデューサーからお話をいただき、“またご一緒できるんだ”と、とても嬉しかったです。そして、マスターブルー、マスターピンクを誰がやられるのか…台本を開いて『おーっ!!!』と叫んでしまいました。そうです。過去に『美少女戦士セーラームーン』で共演した沢井美優ちゃんと、渋江譲二くん。3人が集まるのは16年ぶり!? またこうして集まることができて嬉しかったです。マスターとして重みのあるヒーローを演じられたらと思います。そしてレッドを演じる一ノ瀬 颯くんが本物の弟子の様にかわいいので、皆様と一緒に彼の成長を見守って行けたらと思います。

<渋江譲二 (マスターブルー役) コメント>
 若い俳優さんが一年もの長い期間、メインを任せてもらえるチャンスの現場。今回の俳優さんと監督のやりとりを見て、俳優としての基礎を学んだ自分自身の一年を思い出し、改めて身が引き締まる思いでした。放送を楽しみに待っていてください!!

<沢井美優 (マスターピンク役) コメント>
 この度、マスターピンク役で出演させていただくことができて、とても光栄に思っております。念願のスーパー戦隊にやっと出演でき、しかも願っていたピンクになれるなんて! 私の人生で、まさか二度も変身して戦うことができる日がくるとは夢にも思いませんでしたが…こんな機会をいただき、感謝の気持ちでいっぱいです。約1年間、見守りながら私も楽しみたいと思います。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える