• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

浅川梨奈“つらぬきのあの”に困惑「誰かこれの正解を教えて!」

映画『血まみれ助版チェーンソーRED』初日舞台あいさつ
 映画『血まみれ助版チェーンソーRED』の初日舞台あいさつが行われ、主演の浅川梨奈、あの(ゆるめるモ!)、山口ヒロキ監督が登壇した。

 浅川は、前作で内田理央が演じたギーコを引き継ぐことについて「プレッシャーはありました」と語り「内田さんとはまた違ったギーコを演じることできるんじゃないか?とあえて前作を見ずに、原作を頼りに役作りをしていきました。撮影が全て終わった後に前作を拝見して、本作と違う部分もあれば、通じる部分もあるんじゃないかと感じました」と明かした。

 さらに「劇中のギーコの『やれやれだぜ』というセリフは、もともと台本では『やれやれだな』とあるのですが、ギーコなら『だぜ』という言い方をすると思ってそうしましたが、内田さんも同じようにされていたと聞いて、同じ気持ちでできてるのかなとうれしくも思いました」と。

 ギーコの前に立ちはだかる同級生のネロを演じたあのは「お話を頂いて、原作のネロと自分がだいぶかけ離れていて、なるべく寄せるように、表情、メイクも含めて頑張りました。狂気的な部分だけじゃなく、ネロの孤独などの心情のメリハリつけるように監督と相談しながらやりました」と語った。

 山口監督は前作との違いについて「一番の違いは、最初から4DXを意識して作り始めたというところ。4DX寄りのストーリー展開になっていて『ここで水を出したいからこういう展開』という感じで悪ふざけ感がすごいです!」と強調。公開直前まで韓国で仕上げ作業を行い、ギリギリで4DX版が完成したことを明かし「普通の4DXでは体験できない悪ふざけ、嫌がらせみたいな演出が盛り込まれています!」と自信を見せた。

映画『血まみれ助版チェーンソーRED』初日舞台あいさつ
 イベントでは、ギーコのチェーンソーで、あのが浅川の身体を貫くというトンデモ大イリュージョン企画を実施。このための装置を福岡から運び込んだと聞いて、浅川は「いくらかかったんですか? 送料…」とあきれた表情で「わけが分からない…(苦笑)」を連発。

 あのは、この日初めて持ったというギーコのチェーンソーを手に「つらぬきのチェーンソー!」という掛け声でイリュージョンを実演。見事に装置の後ろから差し込まれたチェーンソーの刃が浅川の身体を貫き、会場は笑いと拍手に包まれた。

 さらにあのは、今度は「つらぬきのあの!」と叫び、チェーンソーではなく自らの肉体で浅川の身体を貫くという荒業を敢行。イリュージョンを終えて、あのは「今年イチ、楽しかったです。『わけ分かんねー』と思いました」と楽しそうに語り、浅川は「誰か、これの正解を教えて!」と最後まで困惑しっぱなしだった。

 写真撮影では、後編から出演する佐野いずみも劇場スタッフにまぎれて壇上に乱入し「後編は、新たなキャラがまた何人も入ってくるので注目して見てください」とアピール。あのは「血まみれになっておりますので、ぜひ皆さんも血まみれになってください」と謎の呼びかけで笑いを誘った。

 浅川は「前作よりもさらにパワーアップしています。目指せ『カメとめ!』打倒!で頑張っていきたいと思います」と語った。

映画『血まみれ助版チェーンソーRED』初日舞台あいさつ
『血まみれスケバンチェーンソーRED』
公開中
<STORY>
自前のチェーンソーを持ち歩く鋸村ギーコ(浅川梨奈)はうぐいす学園に通う女学生。ある日、同級生の碧井ネロ(あの)が創り出した改造死体たちに襲われ始める。迫り来る改造死体たちを撃退して行きながら、首謀者のネロのアジトに乗り込み直接対決を試みる。なぜ、ギーコを執拗に襲うのか!?それには衝撃の理由があった!ネロとの苦闘、そして鎧をまとった新たな敵との遭遇。彼女はうぐいす学園新生徒会ガーディアンズの総長ネメシス(護あさな)。ギーコ絶体絶命のピンチに!!

監督:山口ヒロキ
脚本:福本充則
出演:浅川梨奈 ほか
配給:プレシディオ

公式HP:http://www.vap.co.jp/chimamire/

©2019三家本礼・KADOKAWA刊/うぐいす学園3年A組

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える