• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

別れや卒業、旅立ちの季節に聞きたい歌を厳選!『絶対に泣ける名曲50選』3・10放送

『絶対に泣ける名曲50選』
 芳村真理&太川陽介が初司会を務める『絶対に泣ける名曲50選』(BSテレ東)が3月10日(日)後7時から放送。美川憲一、坂本冬美らがスタジオで名曲を歌唱する。

 別れや卒業、旅立ちの季節となる3月に泣ける名曲を50曲厳選。ゲスト歌手の美川憲一、坂本冬美、沢田知可子、松原のぶえらの歌唱に加え、秘蔵映像、歌にまつわる涙のエピソードを紹介する3時間スペシャル。

 ゲストの美川は「生きる」を熱唱し、人々に感動を与える歌を歌うことになった道のりを語り、坂本は「夜桜お七」を披露。また、沢田が名曲「会いたい」を歌唱し、松原が「おんな出船」を披露し、女から別れを告げる歌の秘話を語る。

 そのほか「歌にまつわる悲運の実話」では、息子の帰りを港で待ち続けた母の思いを歌った「岸壁の母」、戦後に生きていくために闇の商売に身を染めた女性をつづった「星の流れ」を紹介する。

 司会を務めるのは芳村真理と太川陽介。初タッグで音楽番組初司会となるが、芳村は「お話を頂いた時から『太川さんにだったら、全部頼り切れちゃう』と思っていましたが、もう頼りがいがありました!楽しかったな~」と感想を。

 太川も「芳村さんがいてくださって、いろいろ聞いてくださったので(気持ち的に)すごく楽でした。その存在感と、みんなを包み込んで、すぐに芳村ワールドを作るところはさすがだと思います」と。

 また、芳村は「“絶対に泣ける”ってタイトルにあるように、最初の2曲ぐらいから涙してしまいました。松原さんがうるうるしているのを見て感動してしまいまして…」と収録を終えた感想を明かした。

 続けて「一曲一曲に込められたドラマが持つ強さっていうのは、こんなにもすごいものだってことが分かってビックリしました。絶対に皆さんに見てほしい!曲が持つストーリーを知ると、また違って聞こえるんじゃないかなと思います」と見どころを紹介。

 太川も「本当に『この曲にこんな物語があったんだ、そうだったんだ』という話ばかりでした。曲の裏にあったドラマが素敵でした。進行しなきゃいけないと思って、ちょっと泣くのを我慢してたけど、オンエアでは泣きます(笑)」とコメントした。

<美川憲一コメント>
◆「生きる」への思い入れや聴きどころは?

人生きれいごとじゃ生きられないし、日々いろんなことを乗り越えて生きなきゃいけない、その中で最終的に幸せであっても、必ず人生の幕を下ろすという時がくるわけですから、諦めずに少しでも悔いのないように生きようというメッセージソングなんです。

◆番組を楽しみにしている視聴者の方へメッセージをお願いします。

恋愛をして悲しい思いをしたり、身内の方が亡くなったとしても、自分としっかり向き合ってやっぱり生きてかなきゃいけない、生かされてる人たちがやっぱりそういう泣ける歌を聞いて頑張らなきゃいけない、負けてはいられないわっという思いで歌を聞いていただけたら、とってもいいと思います。

<坂本冬美コメント>
◆「夜桜お七」への思い入れや聴きどころは?

本当にいろんな思いがあります。恩師の猪俣公章先生が亡くなって、初めて三木たかし先生が作ってくださって、猪俣先生の亡くなった後の悲しみから一歩踏み出せた楽曲になります。

◆視聴者へのメッセージをお願いします。

3月、桜の季節にこの歌を歌わせていただけるということは、とても幸せなことで、満開の花吹雪の散る中で気持ち良く歌わせていただきました。「夜桜お七」が何故泣けるのか、というところは番組の中でお話しさせていただきました。諸先輩方がたくさんいらっしゃる中で、VTRもたくさんございますので、ぜひぜひ番組をお楽しみにしていてください。

<沢田知可子コメント>
◆「会いたい」への思い入れや聴きどころは?

5分間のドラマがグッと凝縮された、大切な人とのお別れのシーンだと思うんですね。5分間で映画を見るような気持ちで、絵を自分なりに重ねて聞いてもらえたらうれしいです。

◆視聴者へのメッセージをお願いします。

『絶対に泣ける名曲50選』ということで、とにかく物語の語り部のように伝え方を意識して無心で歌わせていただきました。泣くということは、とても素晴らしいセラピーだと思っていて、とくに歌で泣けるということは、こんなに美しいことはないと思いますので、この番組を通して歌を聞いて泣くという習慣をつけられたらいいなと思います。

<松原のぶえコメント>
◆「おんな出船」の思い入れや聴きどころは?

デビュー曲なのですが、最初はデビュー曲と信じてくれなくて。5年後にレコーディングし直して、ようやく名前と顔と曲が重なるようになり、そこから私も自信をもって歌えるようになりました。この曲は、女性の旅立ちの歌で男性がテープを引き、女性が船に乗るという逆バージョンの歌で、歌い始めた17歳の時に、船村徹先生が『男女の別れは十代では経験が少ないから、お友達と別れるとか兄弟と別れるとか、兄弟と別れるとか切ない思いを歌にのせてくれればいい』と、言われたのを思い出します。

◆視聴者へのメッセージをお願いします。

人間として年を重ねてるんですが、歌う時はデビュー当時と同じ気持ちです。長い間、皆さんがカラオケで歌ってくださったからこそ、心に残る歌なのよと言っていただける、そんな作品に育てていただいた気がします。歌手・松原のぶえでいる限りは、忘れられない曲で思い出の歌なので、大事に歌っていきたいと思いますし、皆さんにも歌っていただきたいと思います。

『絶対に泣ける名曲50選』
BSテレ東
3月10日(日)後7・00~9・48

司会:芳村真理、太川陽介
ゲスト:美川憲一、坂本冬美、沢田知可子、松原のぶえ/小西良太郎(解説者)

©BSテレ東

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える