• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“50音モノマネ選手権”優勝のホリに後輩芸人がチクリ「もう若い人が勝ってよって言ってたのに」

『チャンスの時間』
 無料インターネットテレビ局・AbemaTVの「AbemaSPECIALチャンネル」で、『チャンスの時間』#40が3月5日に放送された。

 3月5日は、元AKB48の西野未姫をゲストに招き、綾瀬はるかのモノマネを得意とする沙羅、オードリーの若林正恭のモノマネを得意とする八木良、上沼恵美子のモノマネを得意とする天才ピアニスト・ますみ、モノマネタレントのホリの4人が登場し、「50音モノマネ選手権」を開催。モノマネ芸人たちは、ノブが50音の中から選んだ文字を元にモノマネを披露し、制限時間1分以内でいくつモノマネを披露できるかを競い合った。

 ホリに、ノブが「急に大物が来てくれた、申し訳ないです」とコメントすると、大悟も「あんまり(この企画に)出ないほうがいいと思いますよ(笑)」と話し、スタジオには笑いが。さらに「こんなに黙ってる上沼さん初めて見た」という大悟のツッコミを受けて、上沼のモノマネを披露した天才ピアニスト・ますみが「私、しゃべるの好きだけど50音もしゃべれない!」と答えると、さらなる笑いが起こった。

 その後“へ”の文字を元にした「へっくしょん!あなたの風邪はどこから?」という沙羅の綾瀬はるかのモノマネや、天才ピアニスト・ますみが披露した「千鳥は上京して結構たってるけど、垢抜けへんね」という上沼のモノマネで、一同大爆笑。

 そんな中、優勝は西野が優勝予想したホリに。この結果について、大悟が「やっぱり実力者が優勝するなぁ」と話すと、沙羅が「今日楽屋にあいさつ行ったときに、ホリさんが『もう若い人が勝ってよ』って言ってたのに、やっぱりいざとなる勝ちたいんだなぁって(笑)」と裏話を明かし、スタジオは爆笑に包まれた。

 その他、番組では、宮下草薙が24時間物々交換を繰り返し、どれだけ“価値のあるもの”を手に入れられるかに挑戦する「24時間耐久わらしべチャレンジ」を実施。宮下兼史鷹の私物“200円相当の漫画カード”からスタートして、雑貨店でリップグロス、製菓子店でチョコレートと順調に物々交換が進む。そんな中、「最終的には車が欲しい」と話す宮下草薙に、渋谷で出会ったある女性が「お母さんが車持ってるので、その車でよろしければ」と一言。突然の申し出に驚く宮下草薙だったが、物々交換のために向かった彼女の自宅を見て、さらに驚く。

『チャンスの時間』
放送日:3月5日(火)深0時~1時
放送チャンネル:AbemaSPECIAL

MC:千鳥
ゲスト:西野未姫
進行:西澤由夏

放送URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/F9PEnbYqf759Cb

©AbemaTV

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真