• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

上田晋也「流さないのはもったいないネタばかり」『幻ニュース報道したかった大賞!』3・9放送

©TBS

©TBS

 3月9日(土)に『上田晋也の幻ニュース報道したかった大賞!』(TBS系)が放送される。

 この番組は、TBS記者が現場の最前線で取材してつかんだものの、さまざまな理由で放送されなかった「幻ニュース」を上田晋也にプレゼンテーションする新感覚報道バラエティ。昨年10月に深夜番組として放送され、好評につき第2弾の放送が決定した。

 第2弾はよりパワーアップした幻ニュースが出そろう。「小泉純一郎氏の政界引退会見で、息子・進次郎氏が幻の初スピーチ!?」「杉村太蔵、“料亭行きたい”発言の裏側!実はあの日、他にも言いたい放題だった」「テレビ初公開!国松警察庁長官狙撃事件警察が極秘にしていた“謎の歯科医”が重要証拠を特定」「バブル期巨額プロジェクト気球でヒマラヤを越えようとするも墜落炎上で“幻”に」「『NEWS23』キャスター・皆川玲奈がプレゼン!実はドリフト娘の皆川大興奮!米朝首脳会談で記者が集まるメディアセンターがマニア垂涎の○○だった」など、集まった至極の“幻ニュース”の中から上田が独断と偏見で「報道したかった大賞」を決定する。

 スタジオ展開もパワーアップ。田中美佐子、佐藤仁美が記者に厳しいツッコミを浴びせる中、新たな“お調子発言”をバラされた杉村太蔵がスタジオに登場し、きっかけを作った記者と14年ぶりの再会。“おバカ議員”誕生の裏側を初めて明かす。さらに村田琳が母・蓮舫氏の自宅での様子を語る。

 収録後、囲み取材に応じた上田は「前回はあまり記憶に残っていないが(笑)、今回はどの幻ニュースも流さないのはもったいないネタばかりだった!」と話し、「皆川キャスター(ドリフト娘)以外はね!(笑)」と笑いを交えて感想を語った。

 前回同様「報道したかった大賞」に選ばれたものは、“実際のニュース”として番組内で放送される。今回はなんと大ベテランの長峰由紀TBSアナウンサーが大賞のニュースを読むためだけに参戦。スタジオに現れた長峰アナに上田は「断っていいですよ!?」と発言し笑いを誘った。

 果たして大賞に選ばれ、真のニュースとして採用されるのはどの「幻ニュース」なのか!?普段知ることができない“ニュースの裏側”に注目だ。

<企画・演出 吉田健一コメント>
訳あってお蔵入りになった「幻ニュース」の裏にはたくさんの物語があります。“大人の事情”から、努力が空回りしてしまったものまで。普段素顔を見られないTBS記者が直接プレゼンする人気企画の第2弾。報道の「ウラ事情」を知ることで、日頃のニュース番組により一層興味を持っていただけたら幸いです。

土曜☆ブレイク『上田晋也の幻ニュース報道したかった大賞!』
TBS系
3月9日(土)後2・00~2・54

<出演者>
MC:上田晋也(くりぃむしちゅー)
アシスタント:山本恵里伽(TBSアナウンサー)
ゲスト:小峠英二(バイきんぐ)、佐藤仁美、田中美佐子、村田琳(※50音順)
コーナーゲスト:杉村太蔵、長峰由紀(TBSアナウンサー)

©TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える