• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

有村架純「みね子の部屋にヒデさんがいる(笑)」『ひよっこ2』新婚生活にソワソワ

『ひよっこ2』
 3月25日(月)から4夜連続で放送される『ひよっこ2』(NHK総合)の試写会が行われ、ヒロイン・前田みね子を演じる有村架純と脚本を担当する岡田惠和が出席した。

 本作は2017年上半期に放送された連続テレビ小説『ひよっこ』の続編。最終回から2年たった1970年の東京・赤坂と奥茨城村を舞台に、みね子(有村)とヒデ(磯村勇斗)の新婚生活や、故郷への帰省などが描かれる。前作に出演した赤坂・すずふり亭や、あかね荘、奥茨城のおなじみのメンバーが再集結する。

 前田みね子役の有村は「谷田部ではなく前田みね子役になって聞き慣れなかったのですが、ヒデさんと結婚したんだって思って、劇中のみね子たちのような初々しさを感じながら撮影していました」と振り返り、「二人の空気感も変わらないし、すずふり亭も乙女たちも谷田部家に帰った時の空気も全く変わっていなくて、これが『ひよっこ』だなって思いました」と語った。

 前作と同様に脚本を担当する岡田は「あのまま年月が経ったバージョンを見ている感じですが、ちょっとしたスパイスもあるので楽しんでいただけると思います。夜7時半から4夜連続という初めての場所での朝ドラ続編。うまくいくと良いなと思いますし、気持ち的にはまたやれたらなと早くも思っています」と。

 みね子というキャラクターについて、有村は「一番まわりを見ていて、どんな時も笑顔で自然といれる子」とし、「最初はイントネーションができなかったのですが、一年間も撮影していたので普段も『訛っている』と言われたのは初めての経験。それぐらいしみ込んでいる愛着のある大切な役」と説明。

 みね子を再び演じたことについては「『中学生日記』で全然違う役柄を演じたので大丈夫かなと思ったのですが、(みね子に)戻れるんですよね。もし続きがあれば、1年後、2年後、大人の女性としてどういう風になっているのか楽しみです」と続編に期待を寄せ、岡田も「僕自身も脚本を書きたいというより続きが見たい大切にしたいドラマです」と語った。

 みね子とヒデの結婚後が描かれる今作では、新婚生活ならではの二人の初々しいシーンも。有村は「二人きりのシーンは照れくさい部分がありました。みね子の部屋にヒデさんがいる。これが結婚っていう事なんだなって思いましたし、落ち着かなくてソワソワしました(笑)」とはにかんだ。

 前作からの共演者たちとの撮影では、「お父ちゃん(沢村一樹)が私の出演したドラマについて語ってくれたり、時子(佐久間由衣)とは『最近どう?』って近況報告をしました。乙女たちはみんな自由なので、みんなでしゃべることもあるけど、澄子(松本穂香)は豊子(藤野涼子)と、幸子(小島藤子)は優子(八木優希)さんと、私は時子とみたいな自然と役柄の関係性が出来ていて、これが乙女の空気感。みんな何も変わっていなくて安心感がありました」と。

 印象に残っているシーンについては「時子が悩みを抱えて茨城に帰った時に牛小屋で話すんですけど、(『ひよっこ』の)第4週にも同じシーンがあって、懐かしくて、二人の絆が健在でほっこりしました」と有村が語ると、岡田が「あえて『ひよっこ』と同じようなシーンをいくつか書いています」と補足。続けて「はからずもみね子がヒデにプロポーズしてしまったシーン(第25週)がありましたが、今回もまわりの状況に気付かず、みね子が自分の気持ちを述べるシーンがあります。そこは書いていても楽しかったですし、すごく面白い感じになっています」と見どころをアピールした。

『ひよっこ2』はNHK総合で3月25日(月)後7・30から4夜連続放送。21日(木・祝)には『ひよっこ』総集編を前後編で放送する。

『ひよっこ2』NHK総合
3月25日(月)~28日(木)後7・30~8・00

『ひよっこ 総集編』NHK総合
<前編>3月21日(木・祝)前10・05~11・33
<後編>3月21日(木・祝)後1・05~2・40

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える