• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

「牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-」今秋公開決定!劇中カット&コメント到着

映画「牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-」
 「牙狼〈GARO〉」冴島雷牙シリーズ最新作、映画「牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-」が2019年秋に公開されることが決定した。

 本作は、この世の闇に棲みつく魔獣ホラーと戦う、魔戒騎士たちの姿を描いてきた牙狼〈GARO〉シリーズの最新作。2016年の金狼感謝祭で製作が発表されて以来、待ちに待った追加情報がついに到着した。

 原作・脚本・監督は、牙狼〈GARO〉シリーズの生みの親であり、特撮界のトップクリエーターの雨宮慶太。主人公・冴島雷牙を演じるのは、三田村邦彦の三男である俳優・中山麻聖。「魔戒ノ花」に引き続き、マユリ役には、NHK連続ドラマ「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」に出演した石橋菜津美、クロウ役には『魔法少年★ワイルドバージン』や『笑いの枝折り』などの公開が控える水石亜飛夢、ゴンザ役には、「平成ガメラ」シリーズで知られる名バイブレイヤー・螢雪次朗が再集結する。

 2014年に放送された「魔戒ノ花」に引き続き、主人公を演じる中山は「牙狼を応援してくださっている皆さん『ただいま』です。帰ってまいりました。マユリ。それにクロウ、ゴンザ、ザルバ。そしてなにより雨宮監督。またみんなとご一緒出来る事が本当にうれしいです。もちろん、牙狼を応援してくださっている皆さんとお会いできることも。『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-』公開まで、もう少しだけお待ちください」と続編への喜びを語った。

 同じく引き続きマユリ役を演じる石橋は「その後、マユリはどう変化し成長したのか。私個人としても、とても気になっていましたので、今回、『月虹ノ旅人』でまたマユリとして雷牙の横に居て、マユリとしての景色を見れる時間がうれしく、幸せな時間でした。『月虹ノ旅人』は牙狼ファンの方々には、もう、とんでもなく熱い内容になっていると思います。ぜひ劇場でお楽しみください!」と。

 クロウ役の水石は「魔戒烈伝から三年半。再びクロウとして帰ってくることができました。雷牙さん、マユリさん、ゴンザさん。仲間であり、家族のような存在でもある皆さんとまた一緒に戦えることをうれしく思います。もちろん僕自身も!“牙狼”を愛する皆さんに早くこの作品を届けたい想いでいっぱいです。公開まで、期待を膨らませてお待ちください!」と。

 螢は、【ゴンザの告白】と題して「ゴンザは久し振りに雷牙様や皆様にお会いして嬉しゅう御座いました。私は腰を打ちながらも身体を張って活劇なども致しました。髪は薄くなりましたがまだまだ元気です。さらにあんなことやこんなことまで…!!ああ、告白してしまいたい…。いやいや!なりません!映画を観てのお楽しみです!!」と役に成り切って作品をアピールしている。

 さらに、本作の公開を記念し、シリーズのために描き下ろした雨宮慶太監督の原画やデザイン画が展示される「牙狼〈GARO〉原画展」の開催も決定。中野区・Animanga Zingaroで4月25日(木)から5月7日(火)まで期間限定で公開される。

「牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-」

「牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人-」
2019年秋、新宿バルト9ほか全国ロードショー

原作・脚本・監督:雨宮慶太
出演:中山麻聖、石橋菜津美、水石亜飛夢、螢雪次朗

特別協力:サンセイアールアンドディ
製作・配給・制作:東北新社

公式サイト:http://garo-project.jp/GEKKOU/

©2019「月虹ノ旅人」雨宮慶太/東北新社

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える