• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

波瑠×鈴木京香の“最強凸凹女刑事バディ”再び!『未解決の女』SPドラマで1年ぶり復活

(C)テレビ朝日

(C)テレビ朝日

 波瑠が主演したテレビ朝日系『未解決の女 警視庁文書捜査官』がスペシャルドラマで復活。相棒役の鈴木京香らも再集結し、『未解決の女 警視庁文書捜査官~緋色のシグナル~』のタイトルで4月28日(日)午後9時から放送される。

“最強凸凹女刑事バディ”が、2018年4月期の連ドラから1年ぶりに帰ってくる。『未解決の女~』は、警視庁捜査一課「特命捜査対策室」第6係(文書解読係)に所属する肉体派熱血刑事・矢代朋(波瑠)と文字フェチの頭脳派刑事・鳴海理沙(鈴木)のコンビが、文字を糸口に未解決事件を解決するミステリー。

 今作では、品字様(同じ文字が3つ連なる漢字)が現場に残された過去と現在の連続殺人事件を捜査。謎が謎を呼ぶ“平成最後の未解決事件”に、朋と理沙が立ち向かう。東京に加えて京都も舞台となり、八坂や鴨川沿い、南禅寺などでもロケが行われた。

 鈴木のほか、沢村一樹、工藤阿須加、高田純次、光石研、遠藤憲一らおなじみのメンバーが引き続き出演。脚本も連ドラと同じく、波瑠の出世作となったNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』などで知られる大森美香が担当する。

<波瑠(矢代朋・役) コメント>
『未解決の女』は私の周りでも面白いと言ってくださる方が多く、続編があったらいいなという気持ちがすごくあったんです。でも、出演者の皆さんはすごくお忙しい方ばかりですし、「絶対にあるな」とまでは思っていなくて…。主演作の続編自体も私にとっては初めてですし、そんな記念すべき続編を鈴木京香さん、そして大森美香さんと一緒に作っていけるなんて、すごく光栄だなと思いました!

 京香さんとお会いするのは、連ドラの打ち上げ以来です。実は私、打ち上げのビンゴ大会で、京香さんがお出しになった景品を当てたんですよ。物語の中でバディを組んでいたこともあって、こういう偶然もまた本当にうれしくて…! そういった記憶が今も一つ一つ鮮明に残っているので、あれからまだ1年経っていないことが不思議な感じでもありますね。そんな京香さんとのシーンは、相変わらずセリフも膨大にあって、常に緊張している状態だったりもします(苦笑)。でも、未熟な私が言うのも何ですが…京香さんって本当にかわいい方なんですよ! 矢代も鳴海先輩に対して、私自身と同じように感じている部分があると思いますし、その気持ちを表現するのはとても楽しいです。

 ちなみに、京都でも矢代は、いつもの矢代です(笑)。実は撮影初日から、東京とは違う趣や風情のある街並みの中を突っ走りまして…。皆さんが着物を来て散歩するような道なのに、ガシャガシャと暴れさせていただき、申し訳ない気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです(笑)。でも、「そんな『未解決の女』だからこそ、京都ロケではコントラストが出て面白いのかな」とも思い、撮影を楽しんでいます。

 今回のスペシャルも事件が複雑に絡み合っていますし、私も台本を読んで「すごく読み応えのある事件だな」と、うなりました。そんな難事件を解決していく過程を、個性豊かなダンディーズと女バディが楽しく盛り上げていけたらいいなと思いますので(笑)、楽しみにしていただけたらうれしいです。

<鈴木京香(鳴海理沙・役) コメント>
 連続ドラマの終わり方を知ったときから、続編の予感がありました! ただ、「皆さんのスケジュールを合わせるのが一番の関所だな」とも思っていたので、そこを無事通過し、こうして続編が実現したことがうれしくてたまりません。『未解決の女』は、バラバラの個性を持った大人たちが朋の清らかさに打たれ、それぞれの得意分野を持ち寄って頑張る感じがとても素敵ですし、「長く続く作品になったらいいな」と心から願っています。

 波瑠ちゃんとは今回の撮影で久々にお会いしまいたが、再会した瞬間に「髪が伸びて女らしくなってる!」と驚きました(笑)。でも、相変わらず目がキラキラしていて綺麗なので、なんだかホッとした部分もありまして…。彼女の清潔さに触れると“気持ちよくお水を飲んだような感覚”になりますし、今以上にもっと距離を縮めたいです! 前回の撮影時は想像していた以上に皆さんがお忙しく、なかなか一緒に食事にも行けなかったので、今度こそちゃんと実現したいですね。

 撮影中は難しいセリフを淡々と言うたび、理沙という役の醍醐味を感じ、ドギマギする日々です(笑)。でも、今回は大好きな京都でのロケもありますから! 実を言うと、いつもプライベートで京都を訪れるときはスケジュールを詰め込んでしまうので、鴨川沿いをゆっくり歩くこともあまりないんですよ。でも、今回は撮影の合間に鴨川沿いでのんびり過ごすこともできましたし、とても楽しかったです。

 今回のスペシャルは京都と東京を行き来する設定で、事件もよりダイナミックになっていますから、サスペンスが好きな方にとってはとても面白い作品になっていると思います。また、劇中には“人と人の関わりの楽しさ”も詰め込まれていますので、ぜひ楽しみに見ていただけたらな、と思います。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真