• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

映画「怪しい彼女」主演シム・ウンギョンがトークイベント開催

 7月11日(金)公開の映画「怪しい彼女」で主演を務めるシム・ウンギョンが来日し「突然、20歳(ハタチ)トークイベント」が東京・TOKYO FMホールで開催された。さらに、ゲストとして掘ちえみが登場、MCは、映画「サニー 永遠の仲間たち」の時からシム・ウンギョンのファンというミュージシャンのマキタスポーツが務めた。

 本作は、70歳のおばあさんが突然20歳に戻り、人気歌手になっていくというストーリー。本作で素晴らしい演技力や歌唱力を披露するシム・ウンギョン、公開に先駆け本作を観た掘とマキタスポーツは、イベントで本作の魅力や、ストーリーにちなんだトークを繰り広げた。

――まずは、公開に先駆けて本作をご覧になっていかがでしたか?

堀「笑いあり、涙ありで、最初はもっとコメディっぽいのかなと思ったんですけど、お母さんと息子のエピソードなど胸にぐっとくるシーンがいくつもありまして、涙しながら、観させていただきました。懐かしい感じのする映像と、彼女の美しい歌声が心に染み入ります。全国のたくさんのお母さんに観てもらいたいです!」

マキタスポーツ「とにかく、シム・ウンギョンちゃんの演技、そして透明感のある歌声が本当に素晴らしい! 日本でぜひリメイクして欲しいぐらい、笑えるし泣けるし、すべてが面白かった。ぜひヒットして欲しい!」

――本作の中で、容姿は20歳、心は70歳のおばあさんというオ・ドゥリを演じたシム・ウンギョンさんですが、苦労した点は?

シム・ウンギョン「今、韓国の数え歳で20歳なので、70歳のおばあさんというのは経験したことがない未来の年齢。私がおばあさんの感性をうまく演じることができるのだろうかと悩みました。でももう一度シナリオを読みかえすと、家族の意味をもう一度考えさせてくれるとても良い作品だと思いましたし、この映画に参加することができるだけでも意味のあることだと思い、出演を決意しました。
 撮影中は、今日は、私はおばあさんなんだと思い込んで演技するようにしました。そしてマルスンおばあさん役のナ・ムニ先生と頻繁にお会いし普段の動きを観察したり、監督も交えて台本のリーディングを何度も行いましたね。でもマネするだけではなく、私なりの感性を加えてオ・ドゥリのキャラクターを作り上げました」

――劇中で披露した歌について、実際にウンギョンさんが歌われているそうですが、透明感が素晴らしい歌声でした。

シム・ウンギョン「ありがとうございます! 今回、劇中曲すべて歌いました。元々歌うことも大好きで、子供のころに声楽を習っていたこともあり、そのときの発声法が役に立ちました! 実は当初、製作チームのほうでは、歌は歌手の人が吹き替えて歌ったほうがよいのではという指摘もありました。でも私が歌ったほうが、ご覧になる皆さんの琴線に触れ、感動を伝えられるのではと思ってお願いしました」

堀「(その話を受けて)今回映画を観て、私はアイドル時代に、あんなイキイキとして歌っていたのかしらって思いました(笑)。アイドルの時は、忙しくて忙しくて寝る間もなくて何も考えられなかった。私も映画のように幸せに歌えればよかったな。そしたら、自分自身も楽しめたのでは、なんて思いました」

――ウンギョンさんは子役時代から活躍されていますが、大人の役への切り替えはむずかしかったのではないですか?

シム・ウンギョン「確かに本当に難しいですよね。どうしても子役時代のイメージがあって、どういう風に成人の俳優になっていくかが一つの峠だと思っていました。実はそういうこともあったので、『サニー 永遠の仲間たち』を撮影したあとに、アメリカに留学したんです」

堀ちえみ「私も難しくて、それで私は一回アイドルやめちゃったんですけど。アイドル時代、一つ大ヒットした作品があるとそのイメージが付いてしまって、同じような役しかできなくなるんですよね。今思えば私もその部分、すごく大変でしたね」

――映画にちなんで、もし20歳に戻れたら?

マキタスポーツ「毛髪は大事にしろと言いたい。(映画に出てくる、50歳若くなれる)青春写真館に俺も行きたいよ!と思ったよ」

堀「また戻ってあの人生を生きるのはいやだわ(笑)。私は今が楽しく過ごせているのでいいです」

 ここで、5月31日に20歳の誕生日を迎えるウンギョンのプレ誕生日セレモニーとして、サプライズでバースディケーキが登場。マキタスポーツのリードで、観客も一緒になって「ハッピーバースディ」を歌い、クラッカーでお祝いすると、シム・ウンギョンは大喜び。

シム・ウンギョン「本当にありがとうございます。なんてこの気持ちを表してよいか、とても感動しています。日本でこんな風に(ケーキを)準備してくださって、(日本語で)ありがとうございます!(とはにかんだ笑顔で)」

――最後にこれから観る観客の皆さんへのメッセージを

シム・ウンギョン「怪しい彼女」はご家族やお友達と一緒に楽しめる作品です。肩の力を抜いて気軽に楽しめますので、日本で公開する7月11日、ぜひ、久しぶりにご家族の皆さんと見に行ってはいかがでしょうか。本日は本当にありがとうございました」

映画「怪しい彼女」公式サイト(http://ayakano-movie.com/
7月11日(金) TOHOシネマズみゆき座ほか
全国順次ロードショー
公式facebook(https://www.facebook.com/ayakano.movie.jp) 
公式twitter(https://twitter.com/ayakano_movie

監督:ファン・ドンヒョク『トガニ 幼き瞳の告発』
出演:
シム・ウンギョン『サニー 永遠の仲間たち』 
ナ・ムニ『ハーモニー 心をつなぐ歌』
ジニョン(B1A4)「優雅な女 スキャンダルな家族」 
イ・ジヌク「ナイン 9回の時間旅行」 
ソン・ドンイル『ミスターGO!』

提供&配給:CJ Entertainment Japan

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える