• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

斉藤和義が伊坂幸太郎原作の映画「アイネクライネナハトムジーク」主題歌&劇中音楽を担当

斉藤和義
 伊坂幸太郎のベストセラー小説を主演・三浦春馬、監督・今泉力哉で映画化した「アイネクライネナハトムジーク」の主題歌と劇中音楽を斉藤和義が担当することが分かった。

 原作「アイネクライネナハトムジーク」は、「アイネクライネ」に始まり「ナハトムジーク」で終わる6章の短編からなる連作小説集。この作品は、原作者・伊坂とアーティスト・斉藤和義の絆をきっかけに誕生した。

 伊坂が会社勤めをしていた頃、斉藤の「幸福な朝食 退屈な夕食」を聞いて退職を決意し、執筆活動に専念することを決めたという逸話がある。2人の交流は、斉藤が伊坂に“恋愛”をテーマに「出会い」にあたる楽曲の作詞を依頼したことから始まる。この依頼を受け、斉藤の大ファンである伊坂は、苦手な恋愛ものでも「作詞はできませんが、小説を書くことならば」と短編小説を執筆。これが原作の第1章「アイネクライネ」となる。

 これを受けて斉藤は、伊坂の「アイネクライネ」の文章から楽曲『ベリー ベリー ストロング~アイネクライネ~』を制作する。さらにこの曲がシングルカットされるにあたり、初回限定盤の特典小説として、再び伊坂が書き下ろしたのが第2章となる「ライトヘビー」。物語の中には、1回100円でその人の心情に合わせた曲の一部をPCで再生してくれる露店商の〈斉藤さん〉が登場する。この2つの短編に、さらに新たな4つ短編が発表され、連作小説集として完成したのが「アイネクライネナハトムジーク」となる。

 そして、本作の映画化に際し、斉藤が主題歌と劇中音楽を手掛けることが決定。主題歌は、斉藤が映画用に書き下ろした『小さな夜』。この楽曲は、本編内でも物語の重要なカギとなる。

<斉藤和義 コメント>
「小さな夜」は、「ベリー ベリー ストロング~アイネクライネ~」から10年後の2人をイメージして書きました。
元々は伊坂さんと僕で小説と音楽のコラボ企画として作ったものが、時を経て、こうして映画にまでなっちゃって…。なんとも不思議な気持ちです。
イェーイ!やったね!伊坂さん!

<伊坂幸太郎 コメント>
この小説はもともと、斉藤和義さんからの依頼で書いたものですし、おかげで、憧れだった斉藤和義さんに会うことができました。
その小説が映画になり、さらに音楽を斉藤和義さんが担当してくれるのですから、幸せです。主題歌も可愛らしさと寂しさのまざった、斉藤和義さんしか作れない曲で、これまた幸せです。

<三浦春馬 コメント>
なんでもない日常を丁寧に見つめたこの作品にそっと寄り添い、時にはふつふつとこちらを盛り上げてくれる音楽性が心地よかったです。
気がついていないだけで何処かに小さな幸せはあると期待を持たずにいられない楽曲だと思います。この作品にピタっと寄り添ってくれている気がします。

<今泉力哉監督 コメント>
斉藤さんと伊坂さんの出会いによって生まれたこの物語にあとから混ぜてもらった私からすると、斉藤さんがこの映画に音楽をつけることはどこかで必然でした。でもそういう当たり前のことが実は一番難しくて、だから本当に本当に嬉しいです。映画に大きな力を色をあたえていただきました。お楽しみに。

「アイネクライネナハトムジーク」
9月、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

<ストーリー>
ギターの弾き語りが心地よく響く仙台駅前。大型ビジョンからは、ボクシング世界戦のタイトルマッチに沸く声。「劇的な出会い」を待つだけの男・佐藤(三浦春馬)は、妻と娘に出て行かれた会社の先輩のことを思いながら、この時代に街頭アンケートを実施している。それに快く応えるリクルートスーツの女。手には「シャンプー」の文字。大学を中退し居酒屋で働く佐藤の親友は、なぜかみんなの憧れの美人妻をゲットしすでに娘をもつ。美人妻の同級生は声しか知らない男に恋をしている。運命って、奇跡って、幸せって?音と音がつながってリズムやメロディが生まれるように、誰かと誰かが出会って絆や物語が生まれる――これは、不器用で愛おしい面々が織りなす、心温まる愛とか恋の物語。

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える