• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

ファン悲鳴!?超新星・ユナク「キスシーンにベッドシーン…許して!」

 超新星・ユナク主演の映画「無花果の森」の6月14日(土)公開に先立ち、予告編が解禁されユナクからのコメントが到着した。

 本作は、有名指揮者の夫からDVを受ける女・新谷泉(原田夏希)とそのスキャンダルを追うパパラッチの青年・キム・ヨンホ(超新星・ユナク)が、ある再会を機に恋に落ちていく甘美で切ないラブストーリー。

 ユナクは、兵役除隊後、初めて単独で映画主演を務め、ハードなラブシーンにも挑んでいる。相手役を演じるのは、NHK連続テレビ小説「わかば」などで知られる原田夏希。

 ユナクは、本作にどのような気持ちで挑んだのだろうか? コメントは以下の通り。

【主演・ユナクのコメント】
 不倫や芸能界の薬物汚染などを扱っている、この重いストーリーに、最初は心配したのですが、「なぜ、この役が自分に来たのか」を考え、「年齢も重ねてきたことで、俳優として、是非、この役には挑戦してみよう!」と思いました。そう思えたのは、何より、原作が素晴らしかったからです。

 今回の映画で、キム・ヨンホという社会で働く普通の雑誌記者とは、どんな人たちか、ということを勉強しました。髪型、着ている服、どんな話し方をするのかなど…。

 相手役の原田夏希さんは、目から感じるオーラがすごい方だなと…。超新星のみんなでしか映画に出ていない…周囲は全員、日本人のスタッフ…という緊張する中、彼女はとても優しくしてくれて、日本語の発音も教えてくださったりなど、彼女のおかげで、様々なことが、すごく勉強になりました。

 ユナクとしての見どころは、映画のテーマは重いかもしれませんが、誰が見ても、共感できるようなテーマがちりばめられています。

 そして、原田夏希さん演じる、泉と自分のシーンもすごく素敵です。今回の映画では、ファンの皆さんが見たら、驚くようなシーンもあります。キスシーンにも挑戦したし、ちょっと肌も見せています。でも、頑張って演じた芝居ですから、許してください!

 何より、日本の映画には、出演したかったのです…! そして、日本の映画でファンの皆さん会いたい、と思ったのですから!

『無花果の森』予告

映画「無花果の森」公式サイト(http://www.bs-tbs.co.jp/ichijiku/)
公開:6月14日(土)  シネマート新宿ほかにて全国ロードショー

出演:ユナク(超新星)/原田夏希/三浦誠己/徳井優/木下ほうか/MiNo/瀬戸早妃/かでなれおん/名高達男/江波杏子

プロデューサー:丹羽多聞アンドリウ
監督:古厩智之
原作:小池真理子「無花果の森」(平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞)(日本経済新聞社・刊)
主題歌:「ジュエリーボックス」MiNo
製作:アタデューラ
製作・配給:BS-TBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える