• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

山里亮太「しずちゃんのおかげ」で人生逆転!新番組『逆転人生』4・1スタート

『逆転人生』
 4月1日(月)からスタートする新番組『逆転人生』(NHK総合)の取材会に、MCを担当する山里亮太と杉浦友紀アナウンサーが出席した。

 この番組は実際にあった主人公の数奇な人生を追体験しながら、どん底でも希望を捨てない“人間の強さ”を描く新感覚ドキュメント・バラエティー番組。法廷での逆転無罪判決やスポーツの大逆転勝利、絶体絶命の危機から奇跡の生還などの逆転劇を紹介する。

 番組について山里は「絶対不可能を可能にした奇跡を起こした人が話をしてくれて、その方のお話をすごいクオリティの再現ドラマで見ることができる」と説明し、「幸せな番組に関われたと思いますし、視聴者の方々も絶望の解決策を学ぶことができるんじゃないかな」とPRした。

 杉浦は「特に再現ドラマでは主人公目線のカメラを使って、見ている人も主人公の気持ちになって追体験できるような工夫をしています。かなりのクオリティでお届けできていると思います」と補足。さらに「(主人公と)同じ状況になることはなかなかなくても、人生で壁にぶつかった時に、あの人がこんなこと言っていたなって生きるヒントになればと思います」と。

 互いの印象について山里は「杉浦さんは本当に頼れます。主人公にこの言葉を言ってほしいなって時があるんですけど、ほかの話で盛り上がってその言葉になかなかいけない時に、どっちが上手にパスを出すか最近アイコンタクトでできるようになりました」と既にコンビ感が出来上がっていることを明かし、「僕が杉浦さんの方を『すみません助けてください』という目で見ると上手に促してくれるので助かります」と感謝した。

 山里がMCとしてどんな展開をするのか楽しみにしていたという杉浦は「去年の夏のパイロット番組の時に、これぞ“天才”だなと思う司会ぶりでした。アナウンサーとしても勉強になりますし、自分の体験も踏まえてお話してくれるので、私は山里さん含め、ゲストの皆さんや主人公の皆さんが話しやすい環境を作れればなと思っています」と。杉浦からMCぶりを絶賛された山里は「これで今日の収録もグッと士気が上がりました」と喜んでいた。

 番組に登場する数々の逆転した人々の体験談に「皆さんの生き方を見ると、世の中に絶対ダメってことはないのかなと思わせてくれる。『こういう壁のぶち当たり方はこうやって破ればいいんだ』っていうヒントを得られて、どの方からも諦めることを選択肢から消していただける力を頂けます」と山里。

 さらに「すごく困難なことでも好きって気持ちがあったら、それは苦労じゃなくて自分を楽しませてくれる課題だと思わせてくれる。逆転する要素はいろんなところにあるんだなと思いました」と語った。

 自身の逆転エピソードを聞かれると、杉浦は「私は某民放の某バラエティ番組のADになりたくてテレビ局に就職を目指していたのですが、がっつり落ちたんです。最後に残っていたのがNHKで、NHKもダメだろうなと思っていたんですけど、必死にエントリーシートをいろんな人に見てもらったりしたらディレクターじゃなくてなぜかアナウンサーになるという。私の人生において大きなターニングポイントになりました」と明かした。

 山里は「私の逆転はしずちゃんという大女を手に入れたところから始まりましたね。そこまでは『イタリア人』というピン芸人で、スベりすぎて空調の音しか聞こえないという事件がありまして。そんな自分がしずちゃんという相方を手に入れたことで笑い声が聞けるようになった。それが人生で一番の逆転じゃないかなと思って、しずちゃんに感謝しています」と相方への感謝を伝えた。

 最後に山里は「かつて出した『天才になりたい』という本を担当した編集の方が地位を失うくらい売れなかったんですけど、それを加筆修正した『天才はあきらめた』がいま13万部のヒット。これは大逆転ということでいかがでしょうか?もし記事にしていただけたらありがたい」とちゃっかり自著をPRした。

新番組『逆転人生』
NHK総合
4月1日(月)スタート
毎週(月)後10・00~10・50

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える