• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

7月ドラマ『GTO』ヒロイン&生徒役が決定

 今夏7月クールでの放送が決まったEXILE・AKIRA主演『GTO』(フジテレビ系)の新シリーズ。吉祥寺からAKIRA演じる鬼塚英吉の母校がある湘南へと舞台を移し、女子高生の妊娠やストーカー、不登校児の問題など、よりリアルな“学校の今”を描いていく。

 キャストには前作に続き城田優、山本裕典、田山涼成、黒木瞳らレギュラー陣の出演が決まっていたが、このほどヒロイン役の比嘉愛未の出演と、24名の生徒たちが発表された。

 3代目となるGTOヒロインを演じる比嘉は、自慢のロングヘアーを約30センチカットして撮影に臨んだ。

「これまで優等生役も多かったのですが、役者として新たな一歩を踏み出してみたいと思ったのと、ちょうど『GTO』のお話が来たタイミングがうまくリンクして、髪を来ることができました。まだ自分でも見慣れていないですけれど、まわりの反応も「新鮮でいい」と言われてホッとしています(笑)」

 比嘉演じる藤川ほなみは、ドラマオリジナルのキャラクター。副担任の鬼塚を毛嫌いするが、教師の本質を見出し次第に引かれていくように。まじめで面倒事には関わらないという性格だが、ストレス発散方法はお酒を飲むことという一面も持つ。

「私自身もお酒は好きなのでとても楽しみ。ストレス発散がお酒を飲むという事で、普通ではない“酔っぱらい”を演じられるよう作戦を考えたいと思っています(笑)」

 気になる生徒役には松岡茉優、菊池風磨、三吉彩花、竜星涼、小芝風花、片寄涼太、堀井新太、木﨑ゆりあ、新里宏太、岡本夏美など個性豊かなキャストが決定。ドラマ、映画、バラエティ、音楽とさまざまなフィールドで活躍する24人が、3か月間の熱い青春を共に過ごしていく。

 先日クランクインしたAKIRAはすでに24名全員の名前も頭に入っているそうで「前作の生徒はいい意味でキャピキャピとして高校生っぽかったんですが、今作の生徒の皆は大人っぽいというか、一人ひとり落ち着いている印象ですね。でも個性もあって、それぞれが“近くにいそうな高校生”っていう雰囲気が出ています」と生徒たちの印象を。

「締めるところは締めて、楽しむところは楽しむという風にやっていきたいですね。微力ながら、自分の現場での振舞いや芝居で伝えていきたいです」と早くも教師の顔をのぞかせた。

 ドラマ『GTO』(フジテレビ系)は7月より放送。

『GTO』公式ホームページ(http://www.ktv.jp/gto/

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える