• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

“イケナイ恋”に特徴的な手相「でもね…3線」とは?

『科捜研の女』(テレビ朝日系)の主題歌で、やなわらばーが歌う『でもね…』が「GyaO!」「Yahoo!映像トピックス」といった動画サイトでデイリーランキング1位を獲得するなど、話題になっている。

 同曲のテーマは「禁断のイケナイ恋」。やなわらばーとかねてより親交のある手相芸人・島田秀平によれば「イケナイ恋に走ってしまう人には、手相に3つの特徴があります」とのこと。

 1つ目は“夢見る乙女線”。人差し指の下に斜めに出ている線で、イマジネーション豊かなロマンチストに多い線だという。2つ目は“ストーカー線”。感情線の下側にいくつかの破線が見られる手相で、気持ちの切り替えがヘタで、感情が抑えきれない傾向にあるそう。そして3つ目は“未練タラタラ線”。感情線から伸びた線が知能線と生命線を突っ切っている線のことで、その名のごとく過去の恋愛を引きずってしまう傾向を示しているという。

 島田は「イケナイ恋から抜け出せずに思い悩んでいるときは、無理やり気持ちを抑え込まず『でもね…』のような歌をヘビロテで聴いて、自分の気持ちについて考えに考え抜いてみるといい。ある説によれば、激しい感情というのはもって2週間程度だといいます。やがて悲しみの状態にも飽きがきて、自然と気持ちが前向きになるかもしれません」とアドバイスしている。

 やなわらばーのニューシングル『でもね…』は、2月13日(水)発売。

やなわらばーオフィシャルサイト(http://www.ya-na.net/)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える