• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

武井壮が明かす石川遼の“キラーンッ”な行動とは…『戦え!スポーツ内閣』4・24放送

©MBS

©MBS

 4月24日(水)放送の『戦え!スポーツ内閣』(MBS)は、「平成のかっこいいアスリートランキング」をテーマに送る。

 今回は「平成のかっこいいアスリートランキング」をテーマに、平成の思い出に残るアスリートをランキング形式で紹介。その中でMCの武井壮が、メジャーリーグ・ヤンキースの田中将大投手やゴルフの石川遼選手と食事を共にした時のエピソードを語る。

 田中投手といえば楽天に在籍していた2014年のシーズンに、日本プロ野球記録となる24連勝を記録し、チームを日本一へと導いた。武井は「日本のプロ野球で今後、これ(24勝負けなし)以上のシーズン記録を納める選手は出てこないと思う」と。

 さらに武井は「マー君は人間としても素敵なんです」とコメント。田中夫妻と3人で食事に行ったことがあると明かし、「『結婚生活はどう?』と聞いたら、(田中投手は)『奥さんに支えてもらっていて、そのおかげで野球に集中できています。ほんとに最高です』って言ってて。それを聞いていた奥さん(里田まい)も泣いててね…」と振り返る。

 さらにゴルフの石川遼選手についても「イタリアンを食べに行ったことがあるんですけども」と切り出した武井。その食事の際、石川選手は「貝柱のソテーを食べたときに、口元についたソースをナプキンで拭いて」笑みを見せたという。

 そのシーンを表現する擬音は武井によれば「キラーンッ」だったらしく、これにはMCのブラックマヨネーズ小杉竜一も「絵が浮かぶ…」とため息。石川選手のあまりの爽やかさに武井も「ハンバーグを食べてたんですけど、そのまま後ろにひっくり返りました」と振り返る。

『戦え!スポーツ内閣』
MBS
4月24日(水)後11・56~深0・53

©MBS

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

この記事の写真