• Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える

香取慎吾、日本初個展10万人突破は“パーフェクトビジネスアイドル”効果!?

香取慎吾
 東京・豊洲の「IHIステージアラウンド東京」で開催中の香取慎吾の国内初個展「サントリー オールフリー presents BOUM!BOUM!BOUM!香取慎吾NIPPON初個展」の来場者が、10万人を突破。記念セレモニーが行われ、集まった観客の前に香取がサプライズで登場した。

 ステージ中央にある、香取の心臓音が聞こえる「BOUM!BOUM!BOUM!」の裏から香取が登場すると、集まった観客からは大きな歓声が。「この公演のお客様で10万人突破です!ありがとうございます!」と喜びを語った香取は、「こういう時あんまり緊張しないんですけど、あのオブジェの裏に隠れてたら、(オブジェの)鼓動がドキドキしてるから、なんか緊張してきちゃって…」と登場の感想を明かした。

 また、香取がたびたび会場を訪れて描き足しており、6月16日(日)の個展最終日の完成を目指している壁画については、「3か月かけて描き上げようと思ってるんですけど、もう半分ぐらい出来上がっちゃってる。もし早めに終わったら、一回外して、もう一つ真っ白なものからもう一回描こうかな」とさらなる創作に意欲を見せた。

 「(会場に)来るのは本当に自分のタイミング。ほかの仕事が終わったら『あ、ここに行ける!』っていう感じで来てます。結構来てるみたいで、Twitter見てたら“慎吾頻繁”って書かれてました(笑)」と言う香取。3か月間で第1期~3期と変化する個展内容については「1期にはなかった作品も増えてたりします。“パーフェクトビジネスアイドル”なので、1期に来ても2期目でまた来たくなるような、ちゃんとしたビジネスになってます!」と胸を張り、会場からは笑いと拍手が起こった。

 トークセッションの後には、会場内の壁画を香取本人が描き足すライブペインティングのパフォーマンスが。来場者数にちなみ“100000”の“0”を描きながら、「次が1?」など、観客とのコミュニケーションを楽しむひと幕も。

 「こういう絵にしようって、いつ考えるんですか?」という観客からの質問を受けて、「何も考えてないです。本当はずっと描いてくこともできるんですけど、色を変えたいから途中でやめる、ぐらいで」「赤が好きみたいです。(絵に)赤がすごく多い」「(描いてる箇所を指さして)例えばここに○を描いて、『顔に見えるな』って思ったら、こうやって歯を足してみたり…」など、絵画の制作過程を解説しながら、どんどん絵を描き足していった。

「サントリー オールフリー presents BOUM!BOUM!BOUM!香取慎吾NIPPON初個展」は、6月16日(日)まで開催中。

「サントリー オールフリー presents BOUM!BOUM!BOUM!香取慎吾NIPPON初個展」
日程:6月16日(日)まで開催中
※休館日:5月7日、5月21日、6月4日

公演開演時間:10:00、11:15、12:30、13:45、15:00、16:15、17:30、18:45、20:00
※1回公演当たり350名入場、各回120分の入替え制
※本開場は各開演時間の20分前予定

会場:IHIステージアラウンド東京(東京都江東区豊洲6-4-25)

  • Twitterでツイートする
  • Facebookでシェアする
  • LINEで友達に教える